サステナビリティ

アジア航測のサステナブル社会


人々の安全・安心なくらしのため、環境を守りながら災害に強いまちづくり・地域づくりという社会的テーマに応えてゆくのが私たちの仕事です。

当社はSDGs経営を基盤として人類と自然とが調和する地球環境保全、安全・安心で持続可能な社会を実現する取り組みを行ってまいります。



  by   of


アジア航測のサービス - Sustainability by AAS

私たちアジア航測グループは、社会へ貢献する企業であり続けるため、社員一人ひとりが能力を最大限に発揮できる環境作りを行い、 専門知識や技術力の強化を行っています。 そして、技術力を結集した高度なコンサルティングと自らが行う活動により、人類と自然とが調和する地球環境保全、安全・安心で持続可能な社会を実現する取り組みを、全役職員で行います。

GREENのAAS
NETWORKのAAS
SAFETYのAAS


GREENのAAS

GREENのAAS


■■ 航空レーザ計測情報を活用したカーボン・オフセットの取り組み

当社は、航空レーザ計測等のリモートセンシング技術によりCO2吸収源である森林の情報を計測・解析しています。計測したデータを利用することで森林吸収クレジットの算定・認証ラベルの取得を支援し、持続可能な森林管理に貢献します。

GREENのAAS




■■ 再生可能エネルギーの導入・促進

当社は、空間情報技術やコンサルタント技術により、我が国における再生可能エネルギーのポテンシャルを調査・評価し、太陽光発電、陸上・洋上風力発電、小水力発電等の導入・促進に向けた行政計画の策定支援、民間開発事業のコンサルティングを行うことで、再生可能エネルギーの導入に貢献します。

GREENのAAS




NETWORKのAAS

NETWORKのAAS


■■ 環境に配慮した企業に積極投資

当社は、事業領域の拡大を図るだけでなく、既存事業の枠にとらわれない新規ビジネスに対して投資を行っています。2016年に制定した「投資ガイドライン」及び中期経営計画における方針に基づき、環境配慮企業への投資を進めています。



開発途上国の持続可能な森林経営を推進

2021年5月、主に国外での森林・林業に関する調査研究、技術開発等の事業を行う一般社団法人ジョフカの事業を譲受しました。ジョフカが推進してきた森林・環境分野の国際協力事業を継続し、開発途上国における持続可能な森林経営を推進します。

NETWORK


非食用米からバイオマスプラスチック材料を製造

2021年3月株式会社バイオマスレジンホールディングスへの出資を行いました。同社は、非食用米を活用したバイオマスプラスチック材料の製造・販売事業を展開する国内唯一の企業で、福島県の復興環境再生事業で休耕田等を活用して非食用米を生産・活用することにより事業拡大を計画しています。

NETWORK




NETWORKのAAS


当社は、空から環境を計測する航空レーザ計測技術と陸から環境を調べ評価する環境コンサルタント技術を融合させ、広域的な視点で森林資源、自然環境資源を調査・計測し、分析・評価を行っています。これら技術を自然資源の保全や育成のための事業に活かすことにより、社会全体の環境負荷を低減します。


NETWORK




NETWORKのAAS


当社は、リモートセンシング技術により取得した空間情報や資源解析結果を、システムへの表示・取り込みや地図作成によって、国土保全や社会インフラとの維持管理支援に用いること、行政機関の情報サイトを整備・構築すること等で、生物多様性の保全等に関連する基礎情報の発信のための支援を行っています。


NETWORK



SAFETYのAAS

SAFETYのAAS


当社は、大規模災害が発生した際に必要に応じて、環境への影響を把握するため航空機等によるモニタリングを実施します。東日本大震災においては、被災した地域の自然環境の再生状況をモニタリングしました。復興事業や自然再生事業、学術研究など多くの分野で活用していただくことで、現在と未来の復興まちづくりに貢献しています。
行政機関の情報サイトに整備・構築すること等で、生物多様性の保全等に関連する基礎情報の発信のための支援を行っています。


NETWORK




SAFETYのAAS


大規模災害時、いち早く被害状況を把握し、被災地並びに関係機関に伝達することは、当社の重要な使命です。当社では現地の現状把握ならびに二次災害の抑制を目的とし、緊急撮影を実施しています。得られた情報は、即座に関係機関に提供するほか、ホームページで一般公開しています 。


NETWORK



ページトップへ

オンライン商談はこちら