企業情報

一般事業主行動計画

ワークライフバランスに配慮した就業環境を整備することで、全従業員が心身の健康を維持し、やりがいを感じながら働くことのできる魅力ある企業をつくる。

 

1. 計画期間

2019年4月1日 ~ 2022年3月31日(3年間)

2. 当社の課題

①全国平均の有給休暇取得率49.4%に比べ当社の有給休暇取得率は41.5%と低い。また年5日の有給休暇取得義務化に対応する必要がある。
②長時間労働を防止し、ワークライフバランスに配慮した多様な人材が活躍できる職場環境を整備する必要がある。
③女性従業員の育児休暇取得率は100%であるが、男性従業員の育児休暇取得率が低い。
④全従業員に占める女性従業員の割合は33%であるが、正社員に占める女性従業員の割合は12%と低い。

 

3. 内容

目標1:有給休暇取得率を向上させ、年5日の有給休暇取得義務化に確実に対応する。
対策1 計画年休(アニバーサリー休暇)の確実な設定・取得により、有給休暇取得率を向上・年5日の有給休暇取得を行う。
2019.4~ 年5日の有給休暇取得義務化の社内への周知を行う。
2019.4~ 計画年休(アニバーサリー休暇)の設定・取得。
2019.10~ 有給取得5日未満の従業員への取得促進を働き掛け。
2020.1~ 有給取得5日未満の従業員に対する、時季指定により有給休暇取得の実施。
目標2:働き方の見直し、所定時間外労働削減のための措置を実施する。
対策1 働き方改革の社内活動。
2019.4~ 各拠点毎に活動している働き方改革チームと会社が連携し、働き方の 見直しを促進する。
対策2 導入した制度の浸透を図る。
2019.4~ テレワーク制度の浸透を図る。
対策3 生産性を向上し、所定時間外労働の削減に繋げる。
2019.4~ 繁忙期における所定時間外労働の実態調査を行う。
2019.4~ 現在推奨している「所定時間外労働の削減」を強化する。
2019.4~ 上級管理職向け研修を実施する。
対策4 毎水曜日自己投資デー(ノー残業デー)を徹底する。
2019.4~ トップダウンによる社内外周知。
<社外>メール署名、部門代表電話の自動音声対応等
<社内>館内放送、残業事前申請の徹底 等
2019.6~ 業界一斉NO残業デーへの賛同。
2019.4~ 各地域、職場単位での研修を実施。
目標3:家族との時間を充実させるための雇用環境を整備する。男性・女性問わず、出産・育児・介護に参加できる風土をつくり、計画期間内に男性の育児休業を1名以上取得させる。
対策1 育児・介護の休業、休暇、時間短縮等の制度見直しを行い、より取得しやすい制度を検討する。
2019.4~ 現状把握及び実施事項の検討。
2020.4~ 社内へ制度の周知を行う。
目標4:新卒採用時における女性応募者数を増加させ、新卒内定に占める女性内定者の割合を30%以上にする。
対策1 社外PRの場を増加し、採用業務を強化する。
2019.4~ 社外での女性活躍イベントや情報公開サイトへ積極的に参加する。
2019.10~ 採用における「社員紹介ページ」等の内容変更を検討する。
目標5:次世代育成に伴う取組み、地域活動支援を積極的に行う。
対策1 インターンシップの積極的な受入れを実施する。
2019.4~ WEB媒体へ掲載し、幅広く学生を受け入れる。
2019.4~ 受入期間を夏期だけでなく、年間を通し随時受入れる。
対策2 従業員の家族も参加できるようなファミリーデーを実施する。
2019.4~ 事業所見学会、社内外イベント参加に向けて検討。
2019.8~ 事業所見学会、社内外イベント参加の実施。

制定日:2019年4月1日

アジア航測では、次世代育成支援対策推進法第13条に基づき、次世代認定マーク(愛称:くるみんマーク)を取得しました。

お問い合わせ
ページトップへ