NEWS

「ISPRS2012メルボルン」に出展しました

8月25日から9月1日かけてオーストラリアのメルボルンで実施されたISPRS2012に出展しました。

名称:

The XXII Congress of the International Society for Photogrammetry and Remote Sensing (ISPRS 2012)

開催期間:

8月25日(土)~9月1日(土)

エキシビジョン期間:

8月26日(日)~8月31日(金)

会場:

オーストラリア メルボルン市
Melbourne Convention and Exhibition Center

後援:

国際写真測量リモートセンシング学会

 

国際写真測量リモートセンシング学会(ISPRS)は4年に1度オリンピックの年に行われ、今回はオーストラリアのメルボルンで開催されました。
アジア航測は前回の北京に引き続きブースを出展し、「図化名人英語版AZuka」および「赤色立体地図」を中心にLandViewerNXLaserMapViewerなどの技術を紹介しました。

エキシビション会場では、各社が最新の機材・ソフトウェアなどを展示すると同時に、テクニカルプレゼンテーションで最新の写真測量・リモートセンシング技術の学術発表が行われ、当社からは3件の技術発表を行いました。
内容は以下の通りです。

● Three-dimensional Visualization Method of Heritage Sites by LiDAR Data

   航空事業部 センサー技術部長 藤井 紀綱

● A Case Study of a Forest Carbon Stock Monitoring System for REDD+ in Lao PDR

   社会基盤システム開発センター プロジェクト推進室顧問 那須 充

● Application of Mobile Lidar Mapping for Damage Survey after Great East Japan Earthquake

   空間情報事業部 システム計測課 小泉 恵、画像情報課 有安 恵美子

 

エキシビジョン会場入口 エキシビジョン会場入口
当社の展示ブース 英語版図化名人(AZuka)と赤色立体地図を中心に展示
会場内の様子 展示会場内の様子       

お問い合わせ
ページトップへ