NEWS

御嶽山の噴火状況(2014年9月)

 御嶽山の噴火状況

このたびの御嶽山の噴火により、お亡くなりになられた方に対し謹んで哀悼の意を表します。また、被害を受けられました方々には心からお見舞い申し上げます。

長野・岐阜県境に位置する活火山御嶽山(3,067m)が、平成26(2014)年9月27日午前11時53分に噴火しました(気象庁発表)。同12時36分には、火口周辺警報が発表され、噴火警戒レベルが1(平常)から3(入山規制)に引き上げられています。

当社では、救助活動の妨げとならないよう配慮し、9月28日午前に山体から離れた位置より斜め写真を撮影いたしました。

本ページでは、撮影した空中写真の一部を公開します。得られた情報は随時ホームページ上で公開して参ります。弊社技術が、現地状況の把握ならびに二次災害の抑制に少しでも役立てて頂ければ幸いです。

■画像判読(2014年9月30日追加)    
御嶽山噴火

【写真番号25】 

地獄谷の火口列の南西側の谷壁の拡大

谷底にむかって落ちる黒っぽい筋が見える
谷壁の地層から地下水が染み出したように見える
下流で確認された泥流との関連が注目される

撮影番号5582の一部

 

【写真番号24】 

最西端の割れ目火口の拡大

亀裂にそって水蒸気が噴出している様子がわかる
撮影番号5547の一部

御嶽山噴火

【写真番号23】 

割れ目火口の西側

岐阜県側にでも、南側の低温火砕流の痕跡とよく似た樹木の灰色変色域が確認される
(白矢印部分)

撮影番号5562の一部、色補正

斜め空中写真撮影位置図   
御嶽山噴火

(2014年9月29日分)

 写真位置は赤枠付近となります。

 

(2014年9月28日分)

 図中の数字は、写真の撮影番号を示します。
 左の図をクリックするとPDF表示します。
 本ページでは、撮影した斜め空中写真の一部を公開いたします。

■斜め空中写真(2014年9月29日追加)  
御嶽山噴火写真_斜め1

当社では撮影した写真の判読を進めています。

 

地獄谷の下流にあたる濁川で灰色の泥流状の流れが確認できました。

川沿いの低い部分を流れていますが、一部横に広がっているところもあるようです。

 

【2014/9/28  10:24撮影】

 

【写真番号20】 上:撮影番号5583、5594を接合

【写真番号21】 下:上の画像の一部拡大

御嶽山噴火写真_斜め2
■斜め空中写真  2014年9月28日撮影
御嶽山噴火写真_斜め1

【写真番号1】

 

撮影番号5386 【2014/9/28 9:48撮影】
東側斜面。火口から開田高原(写真右下)方向では火山灰が堆積して白くなっている。写真中央は御岳ロープウェイスキー場。
噴煙は南~南東方向に延びている。

(東方向より撮影)

御嶽山噴火写真_斜め2

【写真番号2】

 

撮影番号5405 【2014/9/28 9:50撮影】
北東側斜面。

手前にあるピークは継子岳。写真中央下は開田高原マイアスキー場。

(北東方向より撮影)

御嶽山噴火写真_斜め3

【写真番号3】

 

撮影番号5414 【2014/9/28 9:52撮影】
北側斜面。手前にあるピークは継子岳。写真右下はチャオ御岳スノーリゾート。

(北方向より撮影)

御嶽山噴火写真_斜め4

【写真番号4】

 

撮影番号5426 【2014/9/28 9:53撮影】
北西側斜面。写真中央は濁河川源頭部。写真右下は濁河温泉。

(北西方向より撮影)

御嶽山噴火写真_斜め5

【写真番号5】

 

撮影番号5445 【2014/9/28 9:55撮影】
西側斜面。写真中央は兵衛谷源頭部。写真左下は濁河温泉。

(西方向より撮影)

御嶽山噴火写真_斜め6

【写真番号6】

 

撮影番号5472 【2014/9/28 9:58撮影】
南側斜面。白川・赤川の源頭部周辺に火山灰が堆積している。

(南方向より撮影)

御嶽山噴火写真_斜め7

【写真番号7】

 

撮影番号5377 【2014/9/28 9:47撮影】
剣ヶ峰(中央やや左)から東側斜面の降灰状況。

山頂奥側が一ノ池、右(北)側が二ノ池。

(東方向から撮影)

御嶽山噴火写真_斜め8

【写真番号8】

 

撮影番号5481 【2014/9/28 10:14撮影】
剣ヶ峰周辺の降灰状況。山頂付近に御嶽神社奥社と頂上山荘、山頂左下に王滝山頂山荘が位置している。

(東方向から撮影)

御嶽山噴火写真_斜め9

【写真番号9】

 

撮影番号5492 【2014/9/28 10:15撮影】
一ノ池、二ノ池周辺の降灰状況。一ノ池付近には、やや黒っぽい火山灰が堆積している。

(北東方向から撮影)

御嶽山噴火写真_斜め10

【写真番号10】

 

撮影番号5493 【2014/9/28 10:15撮影】
湯川源頭部の降灰状況。山頂~東側直下には厚く火山灰が堆積しているが、やや下流(写真左下)側では比較的降灰が少ない。

(北東方向から撮影)

御嶽山噴火写真_斜め11

【写真番号11】

 

撮影番号5503 【2014/9/28 10:16撮影】
冷川源頭部の降灰状況。写真中央やや下は、八合目女人堂から三ノ池避難小屋への登山道。

(北東方向から撮影)

御嶽山噴火写真_斜め12

【写真番号12】

 

撮影番号5515 【2014/9/28 10:17撮影】
剣ヶ峰北方の状況。

写真手前から、四ノ池、三ノ池、サイノ河原、二ノ池、一ノ池。

(北方向から撮影)

御嶽山噴火写真_斜め13

【写真番号13】

 

撮影番号5520 【2014/9/28 10:18撮影】
三ノ池、四ノ池周辺の状況。剣ヶ峰周辺ほどの降灰は見られない。

(北方向から撮影)

御嶽山噴火写真_斜め14

【写真番号14】

 

撮影番号5539 【2014/9/28 10:20撮影】
草木谷源頭付近の状況。写真左側は、濁河温泉スキー場からから飛騨山頂(五ノ池小屋)への登山道。

(北西方向から撮影)

御嶽山噴火写真_斜め15

【写真番号15】

 

撮影番号5536 【2014/9/28 10:20撮影】
一ノ池と継母岳との間に、新たに形成された火口列。

(北西方向から撮影)

御嶽山噴火写真_斜め16

【写真番号16】

 

撮影番号5551 【2014/9/28 10:21撮影】
剣ヶ峰西側斜面の降灰状況。写真右下が継母岳、中央左が摩利支天山。風により地表付近に堆積した火山灰が舞い上がっている。

(西方向から撮影)

御嶽山噴火写真_斜め17

【写真番号17】

 

撮影番号5473 【2014/9/28 9:58撮影】
南側斜面。白川・赤川の源頭部周辺に火山灰が堆積している。

(南方向より撮影)

御嶽山噴火写真_斜め18

【写真番号18】

 

撮影番号5475 【2014/9/28 9:58撮影】
南側斜面。白川・赤川の源頭部周辺の拡大写真。

(南方向より撮影)

御嶽山噴火写真_斜め19

【写真番号19】

 

撮影番号5432 【2014/9/28 9:54撮影】
噴煙の状況。噴煙は上空の風によっておもに南東方向に延びている。(北西方向より撮影)。

■ 更新履歴
■ 本ページについて

このページでは、弊社による自主撮影結果を掲載しております。現在の状況把握や今後の防災対応等の資料としてご活用いただき、現地の復旧にお役に立てれば幸いです。

本ページで紹介している画像は、撮影した斜め空中写真の一部を、サイズを縮小して掲載しています。斜め空中写真のオリジナル画像やデータに関するお問い合わせは、以下までお願いいたします。

 

【お問い合わせ先】

■報道関係の方はこちらへ

 アジア航測株式会社 経営企画部 TEL:044-969-7290

   E-mail:service@www.ajiko.co.jp

■行政・研究機関・企業のお客様ははこちらへ

 アジア航測株式会社 営業統括部
   〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1‐2‐2 新百合トウェンティワン
   TEL:044-969-7549 FAX:044-951-3259
   E-mail:service@www.ajiko.co.jp

 

■ 当ページ掲載写真の二次利用について

下記の要領で、災害写真の使用許諾申請書をFAX、郵便、または電子メールにてお送りください。
審査のうえ、許可書をお送りいたします。

  • 使用の目的・形態によって使用料金を申し受ける場合がございます。
  • 無許可もしくは申請の内容に違反した場合には、許諾の取り消しや損害賠償を請求することがございます。
  • 使用の際、必ず「撮影:アジア航測(株)」と明記してください。
  • 使用した形態(現物、コピー、写真、ホームページアドレスなど)が分かるものをアジア航測に送付ください。

※弊社ホームページ掲載画像以外の高解像度データまたは焼き増しした写真をご提供する場合は別料金となります。

【送付先】

アジア航測株式会社 営業統括部(災害写真担当)
〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-2 新百合トウェンティワン
  FAX:044-951-3259
  E-mail:service@www.ajiko.co.jp

■ 著作権について

本ページで公開している文書および画像の著作権は、下記を除き、すべてアジア航測株式会社に帰属します。 本ページで得られた情報について許可なく、転載、販売、出版、公開をしないでください。

■ 免責事項について

弊社では、本ページの作成にあたり、細心の注意を払い正確な情報提供を心がけておりますが、 その内容の正確性・妥当性については一切責任を負いません。掲載されている情報の内容が 明らかに間違っている場合は、訂正・削除致しますので上記までご連絡ください。


お問い合わせ
ページトップへ