NEWS

赤色立体地図を石巻市に寄贈しました

アジア航測は、2013年4月12日、石巻市に市中心部の「赤色立体地図」パネルを寄贈いたしました。

これは、昨年8月に行った航空レーザ計測を基に作成したものです。住民の方が普段すごしていても、気がつきにくい微細な高低差がわかるので、災害時にはどこに逃げればいいか見直すなど、防災意識の向上に役立てていただけると考えております。

寄贈にあたっては、同市南光町出身で、赤色立体地図を発明した当社総合研究所技師長の千葉達朗が市役所を訪問し、北村悦朗副市長へ直接お渡しいたしました。

 

この様子は、2013年4月18日の「石巻かほく」の記事に掲載されています。


お問い合わせ
ページトップへ