事業・製品・サービス

航空レーザ計測

「レーザーバード」で最高品質の精密3次元空間データを提供します。


アジア航測では、航空レーザ計測システム「レーザーバード」を利用して、高密度かつ高精度の地表面データを短期間でご提供します。
レーザーバードは国内最高水準のレーザ測距装置を搭載しています。取得したデータを加工することで、国土マネージメントに関する多くの分野に活用することができます。
2009年5月より低高度・高密度に対応するためヘリコプターによるレーザ計測を開始しました。

TOP

「レーザーバード」の概要

「レーザーバード」は、航空機にスキャン式レーザ測距儀を搭載した航空レーザ計測システムです。
機上のGPS(Global Positioning System)受信データと、地理情報が既知である地上基準局のGPS受信データを照合することでレーザ光のセンサヘッド位置、またセンサヘッドの姿勢を計測する装置(IMU)によって照射方向を高精度に把握できます。
これらと対地距離データ(照射したレーザ光が地表面に反射して戻ってくるまでの時間を計測して求めます)を統合することによってレーザ光一発ごとのフットプリント(地上測点)の位置情報(緯度、経度、標高)をデジタルデータで取得することができます。

TOP

アジア航測の航空レーザ計測の特長

同レベルの航空レーザスキャナは他社でも導入しておりますが、アジア航測は建物や地物を除去するフィルタリング処理などデータ作成においてはRRIM(赤色立体地図)法による業界No.1の高品位なDEM(標高データ)を提供しております。オルソ画像は、弊社の三次元数値図化システム「図化名人」により精細なものを作成致します。

 

 

   

 写真地図⇒等高線図⇒陰影図⇒段彩陰影図⇒赤色立体地図

  

                    フィルタリング処理

LBとNMBのデータを統合した貯水池内の段彩陰影図


 ヘリレーザによる点群表示

 

 

 


ページトップへ