NEWS

2019年度砂防学会研究発表会「岩手大会」に参加しています

2019年5月21日から岩手県盛岡市で開催されている2019年度砂防学会研究発表会に参加しています。

 

名 称:

2019年度(公社)砂防学会定時総会並びに研究発表会 岩手大会

開催日時:

2019年5月21日(火)~5月23日(木) 

会 場:

盛岡市民文化ホール(マリオス)
岩手県盛岡市盛岡駅西通2―9―1
いわて県民情報交流センター(アイーナ)
岩手県盛岡市盛岡駅西通1―7―1 T

主催: (共同)

(公社)砂防学会

入 場:

砂防学会のホームページ(外部リンク)でご確認ください。

発表内容:

R1-003
伊豆東部火山群における毎日風データを使った降灰シミュレーション ○藤田浩司
荒井健一,廣谷志穂,池島剛, 上條孝徳,中村一郎,村松弘一, 北沢隆夫,松村昌広

P-167
伊豆東部火山群の噴火シナリオと噴火影響範囲の考え方 ○荒井健一
廣谷志穂,藤田浩司,池島剛, 上條孝徳,村松弘一,中村一郎, 北澤隆夫,松村昌広

P-182
伊豆東部火山群における火山噴火緊急減災対策砂防計画の取り組み ○池島剛
上條孝徳,木村詩穂,荒井健一, 藤田浩司,廣谷志穂,村松弘一, 中村一郎,松村昌広,北沢隆夫

R6-027
紀伊山系栗平地区における地形変化と流出土砂量について(その2) ○岡野和行
小竹利明,菅原寛明,木下篤彦, 田中健貴,船越和也,柏原佳明, 吉野弘佑,井之本信

P-015
広域土砂災害時の早期状況把握における高頻度衛星画像の活用性について ○松田昌之
野呂智之,野村康裕,鈴木大和, 山下久美子,船越和也,金田真一, 高山陶子,角田里見,服部聡子

P-024
熊野川流域における土砂動態特性 ○井之本信
小竹利明,菅原寛明,木下篤彦, 田中健貴,船越和也,岡野和行, 横田潤一郎,望月沙紀

P-069
高頻度光学衛星を用いた土砂移動域抽出手法の検討 ○船越和也
織田和夫,角田里美,服部聡子, 松田昌之,屋木わかな,太井正史, 池田義太郎

P-072
平成30年7月豪雨による六甲山系の崩壊特性 ○吉安征香
田中秀基,白髭一磨,岩村美樹, 船越和也,岡野和行,吉安征香

P-125 支川からの土砂供給と本川河道の非一様性が土砂移動に与える影響 ○菅原寛明
小竹利明,木下篤彦,田中健貴, 船越和也,岡野和行,井元成治

P-040
平成30 年8 月豪雨災害における流木流出実態―山形県戸沢村の事例― ○滝澤雅之
光永健男,村岡章,阿部勝博, 畠山徹,臼杵伸浩,新井瑞穂, 柏原佳明,太井正史,木下奈央, 牧野陽一

P-076
木曽川上流域における深層崩壊の発生する恐れのある斜面の抽出検討事例 ○江口友章
植野利康,小川光生,秋田尚孝, 前田和祐,臼杵伸浩,梶原あずさ, 太井正史,内藤直司,木田千鶴

R6-028
熊野川流域における流砂水文観測データに基づく土砂移動状況の把握 ○田中健貴
小竹利明,木下篤彦,菅原寛明, 臼杵伸浩,岡野和行,井元成治, 井之本信

P-110
赤谷川・川原樋川合流点付近における土砂動態観測 ○臼杵伸浩
小竹利明,菅原寛明,木下篤彦, 田中健貴,臼杵伸浩,岡野和行, 井元成治,吉野弘佑,井之本信

P-181
火山災害における復興デザインの取り組み ○牧澄枝
臼杵伸浩,佐野寿聰,小林祐司, 鶴成悦久

 

■関連サイト 2019年度砂防学会研究発表会「岩手大会」(外部リンク)


お問い合わせ
ページトップへ