NEWS

平成30年度大規模津波防災総合訓練に参加しました

2018年11月3日に三重県四日市市で開催された「平成30年度大規模津波総合防災訓練」(国土交通省、三重県、四日市市、鳥羽市、四日市港管理組合主催)に参加しました。

訓練は、最大震度7の南海トラフ地震により、津波が発生することを想定して実施されました。当社は、一般社団法人海洋調査協会の会員会社として参加しました。

 

海洋調査協会は、訓練において、津波災害発生時の被災状況をドローンで上空から調べるとともに、岸壁部の現地調査訓練を行いました。

また展示コーナーに出展した海洋調査協会のブースにおいて、南海トラフの立体地図や伊勢湾(海底)の赤色立体地図を出展しました。来客の皆様が南海トラフの地形状況や海洋調査の一端をご理解頂く一助となればと考えます。

 

写真:左上 上空および海上からの情報収集訓練  右上 訓練に参加した海洋調査協会会員
   左下 岸壁における被災状況調査訓練    右下 当社参加者と南海トラフ赤色立体地図


お問い合わせ
ページトップへ