NEWS

空中写真による被災地モニタリング2017年撮影写真を公開しました

アジア航測では、東日本大震災発生の翌日から被災地の空中写真撮影を実施し、データのHPでの公開、関係自治体への情報提供を行ってきましたが、2013年からは、東日本大震災により被災した地域の自然環境を中心とした再生状況をモニタリングし、復興事業や自然再生事業、学術研究など多くの分野で活用していただくことを目的に、空中写真撮影による被災地モニタリングを実施しています。

 

5回目となる2017年9月から10月撮影の画像をホームページで公開しました。

撮影画像は、研究機関だけでなく一般にも無料で提供しています。

第5回被災地モニタリング(2017年9月~11月)

 

なお、この被災地モニタリングは、2012年10月に環境省より認定を受けたエコ・ファースト活動の一環として2020年まで実施する計画です。


お問い合わせ
ページトップへ