アジア航測|空間情報コンサルタント

 
HOME > 鳥瞰散歩(読み物)> 今月のイチオシ おが1

2017年4月のイチオシ その2

 

国際ドローン展に出展します


2017年4月19日から幕張メッセで「第3回国際ドローン展」が開催されます。アジア航測は、「3D空間情報技術によるドローンビジネス支援」をテーマとして展示を行います。 展示の内容は以下の通りです。


1. SfMサービスおよび3次元点群データ処理ソフト:弊社のSfMサービスおよび自社開発の3次元データ編集・表示ソフト、また3Dクラウドビューワ等による、高速・高視認性・高精度に様々な表示・計測・解析をおこなうことができるソフトウェア群をご紹介します。

2. UAVレーザ測量システム:新たな3次元測量技術として、レーザスキャナをUAVに搭載したシステムを開発しました。私たちは、安価なVelodyne VLP-16を搭載するUAVレーザ測量システムの開発を行いましたのでご紹介します。  

3. 事例紹介:国土交通省が主導するi-Constructionで使われるUAVによる出来形管理の事例紹介をはじめ、三次元点群の差分解析技術による落石等のモニタリング技術および農園管理のためのUAVリモートセンシング技術の活用事例等についてご紹介します。


展示ブース番号は『7A-17』です。是非、私たちのブースにいらしてください。


 

一方で、アジア航測では地域のi-Constructionを実現する「AAS-3Dパートナーシップ」プログラムを創設しました。

これは、地域におけるi-Construction実現のため、3次元計測、モデリング、3次元設計等の事業を協働で実施するパートナーシップを積極的に構築するものです。

「AAS-3Dパートナーシップ」は、UAV(ドローン)による撮影、各種レーザ計測機器等による計測、3Dモデリングの事業をチームで実施するものであり、企業間で、各種業務の営業・生産活動において協力関係を構築し、事業化に向けた技術支援や教育研修を相互に支援します。

これまでに、地域の測量設計会社10社(東北3社、関東5社、中部2社)と覚書を締結し、数十社との締結が見込まれています。

アジア航測は、全国の地域でi-Constructionが推進されるよう、今後もパートナー企業を増やし、安定した体制基盤を構築してまいります。


引き続き多くの皆さまとベクトルを一つにして新しい技術革新を目指してまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。