アジア航測|空間情報コンサルタント

 

HOME > 事業・製品情報/研究開発 建設コンサルタント(環境)

事業・製品情報/研究開発

事業・製品情報

生物多様性の保全は、現在、最も重要な環境課題と一つとなっています。アジア航測は、生物多様性の保全に必要な生物調査や棲み場所の調査を行うとともに、それらの結果を踏まえ、生息環境の保全や自然再生などに関する計画を立案しています。
環境アセスメント(環境影響評価)とは、開発事業による影響を事前に調査・予測・評価し、関係者の合意のもと、環境に配慮した事業を行うための制度です。アジア航測では、高い専門技術・空間情報技術を活かした環境アセスメントを実施しています。
エネルギーをめぐる社会情勢が大きく変化しようとしています。アジア航測は、空間情報技術により風力、太陽光、中小水力、地熱等の再生可能エネルギーの導入を支援します。
森林・林業の活性化、荒廃した人工林の保全、地球温暖化防止など、国内外の森林・林業が抱える様々な課題を解決するための技術開発・技術支援を行っています。
当社は土壌汚染調査・対策に関して、延べ3,000サイト以上の実績を保有しています。コンサルタント企業として中立の立場で業務を遂行します。
当社は、2012年5月に福島市内に「環境再生支援室」を設置して国や地方自治体から委託を受けた放射線モニタリングや除染に関する業務の対応をおこなっています。
 
 
研究開発
表彰リスト
特許リスト
 
▲TOP