経営方針

基本方針

アジア航測グループは、21世紀の新社会基盤整備のために、絶え間ない技術革新を通じ、国民の暮らしの豊かさを追求し、安全・安心の持続的発展に寄与してまいります。
全社員が空間情報コンサルタントとしての自覚と誇りを持ち、高い倫理観と強い責任感に支えられた企業として、グローバルな視点での環境保全、国土保全に貢献することを基本方針とし、幅広いコンサルティング技術と画像解析技術や空間情報計測技術を活用し、お客様の要望にスピーディーかつ的確に対応します。

中期経営計画

2014年10月より長期ビジョン「新たな空間情報ビジネスの可能性に挑戦し、成長し続けるグローバル企業」を掲げ、世界に誇れるJapan Brandを目指しています。
第1フェーズである中期経営計画「成長への挑戦!」(2014年10月~2017年9月)に引き続き、2017年10月より第2フェーズ、「未来を拓け Growth to the next Stage」を推進しています。



中期経営計画「成長への挑戦!」の総括

2015年9月期から2017年9月期までの3年間、売上高を着実に伸ばすことができました。営業利益は概ね計画通りとなりました。

新中期経営計画にむけて

新中期経営計画では、長期ビジョンを実現するために掲げた Challenge、Globalization、Value の3本の柱を、 Pioneering、Alliance、Globalization、Valueの4本の柱に変更しました。Challengeを変更したPioneeringは、最先端の空間情報技術を磨き続けて新たな事業領域を創造する意思を、新たに加えたAllianceは、ビジネスパートナーと連携して変化の時代を乗り越え、ともに成長・拡大していく意思を表しています。

中期目標

Pioneering
新たな収益基盤構築への挑戦

Globalization
海外市場へ向けての飛躍

Alliance
パートナー企業との連携による企業グループの形成

Value
日本を代表する空間情報コンサルタント企業の実現

新中期経営計画(計画数値)

目標・方針・戦略

Pioneering 新たな収益基盤構築への挑戦
基本方針 事業推進型組織への転換により常に変化する顧客のニーズを正確に捉え、空間情報技術を活用した新たな事業領域への展開を強化
事業戦略 1.顧客のニーズに合わせた空間情報技術の提案力を発揮
2.メンテナンス市場を含めた包括的な行政支援事業の実現
3.最先端のセンシング技術開発に積極的に投資
Globalization 海外市場へ向けての飛躍
基本方針 社内組織のグローバル化を促進し、海外事業に関連するリソースを増強することにより、グローバルビジネスを展開・拡大
事業戦略 1.事業部単位で海外事業の目標管理を徹底し、全社グローバル体制に移行
2.空間情報技術をはじめとしたコア技術の海外展開
3.グローバル人材の積極的な受け入れによる生産体制及び海外拠点戦略の強化
Alliance パートナー企業との連携による企業グループ形成
基本方針 パートナー企業との連携推進による相乗効果を早期に実現し、アジア航測グループの体制強化を実行
事業戦略 1.パートナー企業との連携による現在の事業分野の深耕及び拡大
2.アライアンス戦略によるアジア航測グループの受注・生産構造の強化
3.地域企業と連携した機動性の高いサービス提供の実現
Value 日本を代表する空間情報コンサルタントの実現
基本方針 地域社会に積極的に貢献し、全てのステークホルダーにとって魅力ある企業グループを実現
事業戦略 1.業界トップクラスの働きやすさの実現とワークライフバランスの向上
2.財務の体制強化及び最適な調達手段による資金確保
3.IRの強化、資本政策、魅力ある企業づくり等による戦略的な企業価値向上の実現

コンプライアンス経営と環境経営

新中期経営計画における全ての施策は、「コンプライアンス経営」と「環境経営」を前提とする

コンプライアンス経営
基本方針 法令等の遵守はもとより、社会の構成員としての企業人、社会人として求められる価値観・倫理観によって誠実に行動する。その行動を通じて公正かつ適切な経営を実現し、市民社会からの要請に応え、当社を創造的に発展させていく。
実施施策 1.ユニットコンプライアンス活動の推進
2.相談・通報窓口の周知徹底
3.階層別研修
4.コンプライアンスに係る情報発信・共有
5.全役職員向けeラーニングによる教育の実施
環境経営
基本方針 役職員全員が自ら主役となって環境保全、環境負荷低減に取り組むとともに、空間情報コンサルタントとして、計測・調査・対策等の環境に関わる事業活動を通じ、より実践的な環境経営を推進する。
実施施策 1.エコ・ファーストの実行
2.CSRレポートの発行
※「エコ・ファースト」とは、企業の環境保全に関する業界のトップランナーとしての取組を促進していくため、企業が環境大臣に対し、地球温暖化対策、廃棄物・リサイクル対策など、自らの環境保全に関する取組を約束する制度。



ページトップへ