アジア航測|空間情報コンサルタント

 
HOME投資家情報 > 経営方針
新中期経営計画

 

基本方針

アジア航測グループは、21世紀の新社会基盤整備のために、絶え間ない技術革新を通じ、国民の暮らしの豊かさを追求し、安全・安心の持続的発展に寄与してまいります。
全社員が空間情報コンサルタントとしての自覚と誇りを持ち、高い倫理観と強い責任感に支えられた企業として、グローバルな視点での環境保全、国土保全に貢献することを基本方針とし、幅広いコンサルティング技術と画像解析技術や空間情報計測技術を活用し、お客様の要望にスピーディーかつ的確に対応します。

中長期的な経営戦略

アジア航測グループの10年後のあるべき姿として「新たな空間情報ビジネスの可能性に挑戦し、成長し続けるグローバル企業」を掲げ、世界に誇れるJapan brandを目指します。その実現に向けて、Challenge、Globalization、Valueの観点から、「新中期経営計画(2014年10月~2017年9月)~成長への挑戦!~」を策定しております。アジア航測グループは、コアビジネスにおける持続的成長と新たな収益基盤構築への挑戦などにより、着実な成長を目指してまいります。
なお、アジア航測グループのすべての施策は、「コンプライアンス経営」と「環境経営」を前提としております。

 

実施方針

アジア航測グループは、将来のあるべき姿の実現のため、以下の取り組みを進めてまいります。これらの取り組みを通じて、感謝・感動・信頼され続ける魅力ある企業づくりを行い、日本を代表する空間情報コンサルタント企業として、事業の着実な成長と企業価値の向上に努めてまいります。

1.コアビジネスにおける持続的成長
2.社会環境の変化に対応した新たな収益基盤構築への挑戦
3.海外市場へ向けての飛躍
4.生産構造改革の推進(生産性の向上、品質の強化)
5.経営基盤の強化
6.企業ブランドの向上
7.コンプライアンス経営、環境経営の推進

 

本資料における見通しは、現時点で入手可能な情報により当社が判断したもので、将来に関する前提・見通し・計画に基づく予測が含まれております。経済情勢・競合状況・天候等に関わるリスクや不安定要因により、実際の業績が記載の予想数値と大幅に異なる可能性があります。

お問い合わせ