アジア航測|空間情報コンサルタント

 

HOME > 事業・製品情報/研究開発 建設コンサルタント(防災)

事業・製品情報/研究開発

事業・製品情報

大規模な自然災害発生時において、迅速に、航空レーザ計測、空中写真撮影を実施し、現状分析及び応急対策等の検討に必要な基礎データを取得、提供します。
大規模な土砂災害などに対し、被害影響範囲などを事前分析(プレアナリシス)しておくことが重要です。被害影響範囲等を予測し、住民の避難対応や応急対策などを事前に検討し、減災の提案を行います。
土砂災害の防止や減災対策のために、航空レーザ計測データや現地調査、既存の文献資料等を用い、総合力を活かして砂防調査を実施します。
砂防計画とは施設整備や施工の優先順位を決定するうえで、根幹となるものです。砂防調査結果を踏まえて、論理的に条件を整理し、対象地域の特徴に応じた砂防計画を立案します。
国土保全を目的に整備されてきた砂防施設は全国各地に存在し、更新時期を迎えています。一方で、新たな施設整備が必要な地域も多く存在します。これら2つの大きな課題に対し、効果的な施設整備計画・設計を提案します。
里山に関わる防災等に関する問題や地域のニーズに対してきめ細かく対応し、土砂災害・流木災害の防止のほか、地域活性化について、住民と一体となって対策を提案します。
山腹工や、渓流に生息する魚類、渓流沿いに生育する渓畔林など、渓流周辺の生態系を調査し、環境ならびに景観に配慮した砂防事業を支援します。
斜面崩壊による土砂災害を防止するため、斜面崩壊の危険性の高い斜面の抽出、斜面崩壊のメカニズムを検討し、対策施設を提案します。
それぞれの火山の噴火履歴等を分析し、各火山の特性を踏まえた火山防災対策や、緊急時における情報伝達、実践的な防災訓練等を提案します。
防災アセスメントや防災カルテ作成などの調査、津波避難等に関する避難経路・避難場所の安全性の評価など地域防災計画の見直しを行います。
洪水や高潮などによる災害発生を防止するとともに、最新技術を活用した河川堤防の維持管理計画、住民に分かりやすい浸水想定区域図・洪水ハザードマップの作成を行います。
住民の迅速な避難を促すためには、土砂災害等の危険性が急泊している状況をリアルタイムに提供することが重要です。これら情報提供システム整備やシステムを活用した防災訓練などを提案しています。
災害意識を高揚させるためには、災害をイメージすることが重要です。小中学生でも土砂災害等が視覚的にもイメージできる方法や分かりやすい防災教育・啓発について提案します。
 
 
研究開発
表彰リスト
特許リスト
 
▲TOP