アジア航測|空間情報コンサルタント

 
建設コンサルタント(防災)

行政支援システム ALANDIS NEO

ALANDIS NEOシリーズ(統合型GIS)

再構築時代のGIS。


データ統合を維持しながら機能拡張「管理機能」
アジア航測の自治体業務支援システムには、ALANDIS(Asia Land Information System)という名称が使われており、3世代目となる今回のバージョンは、その先進性からALANDIS NEO と呼んでいます。

10年以上にわたる豊富な業務支援の知識をベースにしながら、最新のニーズにも対応するため、前バージョンのすべての業務フローを見直し、最新のテクノロジーを取り入れて完全にリニューアルしました。

これらのシステムはお客様のニーズにあわせて自由に機能や構成を選択いただくことができ、統合型GISや部門統合GIS としての利用が可能です。

戻る TOP

ALANDIS NEOの先進性 ~「10年先を見据えた」GIS~


【洗練されたユーザ・インターフェース 】
GISはOAソフトのひとつとして、より見やすく、よりわかりやすく、より簡単に扱えなければなりません。ALANDIS NEOは、Microsoft Office2007、2010に標準採用されているリボンインターフェイスにより、一目瞭然で業務に即した操作をおこなえます。

【圧倒的な処理性能 】
GISデータはより多く、より重く、より複雑化していきます。データが増えても処理性能の低下が少ないことが望まれます。ALANDIS NEOは異なる業務の異なるシステム環境下の複数ユーザに対しても、高度なDBMSによる統合的なデータ管理を実現します。

【変化する環境への適応性】
パソコン、ネットワークをはじめ次の時代に向けての準備ができていなければ、すぐに再投資の必要性が生じてしまいます。ALANDIS NEOは2009年に発売されたWindows7に対応済み。現時点で最も長くサポートされる環境で使い始めることができます。

戻る TOP

ALANDIS NEOの拡張性 ~「簡単にvs専門的」を融合するGIS。~


GISは利用レベルが上がるほどスタンドアロン型GISのような高機能なGISが求められ、データやシステムの断片化による2重3重管理となってしまいます。
ALANDIS NEOは、多種大量なデータを運用可能な高性能なサーバGISエンジンと管理機能の組合せで、分散利用とデータ統合を同時実現します。また、より多くのユーザがインターネット感覚で使えるWebタイプのGISから固定資産、道路、都市計画、上下水道など業務に特化した機能拡張をクリックワンス型GISまで利用レベルに合わせて提供できます。

戻る TOP

ALANDIS NEOの統合性 ~「リアル統合型」GIS。~


GIS利用対象の規模とかけられる予算によって、かつ将来的に無駄な投資とならない柔軟なシステム構成が求められます。
成果データ管理や窓口対応など1台または2,3台で運用するコストパフォーマンス重視のSmallタイプ、部門内全職員での利用や、共有可能な他部門と小規模に連携するMediumタイプ、全庁全部門・全職員が利用できる統合型GISとして導入するLargeタイプからシステム構成を選択できます。

戻る TOP

 

主な機能

主な機能

 

 

システム構成の例

 

 

 

GIS活用推進相談会

GIS活用推進相談会 「運用推進コンサルティング」



関連リンク

関連ニュース
関連製品
関連論文

検索

◎別のカテゴリーで調べる


 

◎業務や技術で探す

計測 判読・マッピング
     
GIS 調査・計画等
 
 
 
お問い合わせ
PDFダウンロード