アジア航測|空間情報コンサルタント

 
HOME事業・製品情報/研究開発 航空・計測・センシング車載型レーザ計測(MMS) > 車載レーザによる沿道空間情報の取得、周辺施設の維持管理
海外事業

車載型レーザ計測(MMS)

車載レーザによる沿道空間情報の取得、周辺施設の維持管理

点群を活用した管理システム


GeoMasterNeoによる計測した点群データをLaseMapViewerをベースとしたビューワーなどを活用することで道路施設・街路樹・道路面状況・道路勾配・上空障害など様々な道路空間における維持管理及び情報一元化などが実現できます。

戻る TOP

点群データによる既整備状況の検証


既存図面チェック

点群データを取得し高密度な点群であればあるほど既存のデータを点群上に展開することで情報の過不足を容易に調査することが出来、そのままの状態で管理システムとしても活用が可能です。

戻る TOP

長寿命化への支援の実現性


路面状況管理

特に道路維持管理に関して高コスト化してきている状況下であり、品質を維持しながら効率的(低コスト)な維持管理が求められています。竣工図などの現場とかけ離れた管理ではなく可能な限り現場と密接な状況による管理手法が点群を利用することで実現できます。

戻る TOP

横断的な管理手法の提言


街路樹調査・管理

様々な部門に分断されている管理項目について点群データを利用することで一元化が可能となりました。今後の道路空間における維持管理・更新への新たなツールとして期待されています。

戻る TOP

活用分野


点群から道路のエッジの抽出

•道路台帳作成関連業務
•道路付属物及び施設調査・管理
•屋外広告物調査・管理
•道路面形状調査
•道路斜面調査
•家屋調査支援
•街路樹台帳作成業務及び管理業務
•都市計画関連業務   等

戻る TOP

 

 


計測~GIS組み込みまでの流れ



関連リンク

関連ニュース
関連製品
関連論文

検索

◎別のカテゴリーで調べる


 

◎業務や技術で探す

計測 判読・マッピング
     
GIS 調査・計画等
 
 
 
お問い合わせ
PDFダウンロード