アジア航測|空間情報コンサルタント

 
海外事業

アジア航測の航空機

アジア航測の航空機紹介

空間情報データは、アジア航測のすべての事業の根幹です

当社では、調布飛行場(東京都)ならびに八尾空港(大阪)を起点に、航空機を6機を保有して日本全国の撮影ができるよう運航しています。
常時、航空写真撮影・航空レーザ計測などを行うと共に、緊急災害時における撮影にも迅速に対応できる体制を確保しています。
飛行機の特性に合わせデジタル航空カメラ(DMC)やオブリークカメラ、航空レーザ計測器(ALTM、ALS)などの各種計測センサーを搭載しています。

戻る TOP

ガルフストリーム コマンダー式 695型 登録番号: JA860A


■出  力:940SHP×2
■乗  員:最大10名(操縦士含む)
■航続距離:2,000NM(3,700Km)
■搭載機器:RC30withPOS、DMC、航跡記録
■活動範囲:本邦一円 遠方近年実績:石垣島、北海道、小笠原諸島
■特  徴:高翼ターボプロップ双発機。機内は与圧されるため、高高度での酸素マスクが不要である。
巡航速度は航測業界で最速で、機体姿勢の安定性にも優れ、航空測量向きの機体といえる。DMC搭載時は、低高度撮影のため非与圧となる。

戻る TOP

セスナ式208B型 登録番号:JA12AJ


■出  力:675SHP×1
■乗  員:最大11名(操縦士含む)
■航続距離:970NM(1,797Km)
■搭載機器:DMCⅡ、レーザ(ALS70)
■活動範囲:本邦一円 
■特  徴:208B型は208型に比べ全長が1.22m長く、積載量も約150Kg増加している。また、前回導入されたJA11AJと同じグラス・コックピットに加え、地形表示機能が追加となっている。

戻る TOP

セスナ式208型 登録番号:JA11AJ


■出  力:675SHP×1
■乗  員:最大10名(操縦士含む)
■航続距離:970NM(1,797Km)
■搭載機器:DMCⅡ、レーザ(ALS60,ALS70)
■活動範囲:本邦一円 遠方近年実績:石垣島、北海道
■特  徴:高翼ターボプロップ単発機。キャビン容積が広く、大型機材でも十分搭載可能である。
大きな特徴として従来の同型機の計器がアナログ式であった事に対し本機ではガーミン社製G1000型グラスコクピットとなっている。

戻る TOP

セスナ式208型 登録番号:JA8229、JA8890


■出  力:600SHP×1
■乗  員:最大10名(操縦士含む)
■航続距離:970NM(1,797Km)
■搭載機器:RC30withPOS、DMC、レーザ(ALS50,ALS60,ALTM)
■活動範囲:本邦一円 遠方近年実績:石垣島、北海道
■特  徴:高翼ターボプロップ単発機。キャビン容積が広く、大型機材でも十分搭載可能である。パワーがある割に比較的低速で飛行可能であり、航続時間も6時間30分と長い。
特にレーザ計測に威力を発揮する。

戻る TOP

セスナ式TU206G型 登録番号:JA3856


■出  力:310SHP×1
■乗  員:最大6名(操縦士含む)
■航続距離:483NM(895Km)
■搭載機器:RC30withPOS
■活動範囲:本邦一円 遠方近年実績:北海道
■特  徴:高翼レシプロ単発機。キャビン容積が狭いため、搭載機器はアナログカメラ(RC30)限定となる。
固定資産税調査や道路や鉄道などの路線測量や大縮尺の測量に力を発揮する。

戻る TOP



関連リンク

関連ニュース
関連製品
関連表彰
関連論文

検索

◎別のカテゴリーで調べる


 

◎業務や技術で探す

計測 判読・マッピング
     
GIS 調査・計画等
 
 
 
お問い合わせ
PDFダウンロード