アジア航測|空間情報コンサルタント

 
HOME災害情報関連一覧 > 平成29年 霧島山(新燃岳)噴火(2017年10月)

2017/10/17

平成29年 霧島山(新燃岳)噴火(2017年10月)

 

平成29(2017)年 霧島山(新燃岳)噴火


 平成29(2017)年10月11日5時34分に霧島山(新燃岳)が噴火しました。

 10月12日10時50分~12時過ぎには、噴煙が火口縁上2000mまで達しました。

 今回の噴火では、噴煙が霧島山(新燃岳)の東方向に流れた模様で、宮崎県高原町の市街地でも降灰が確認されています。  

 当社では、10月13日9時頃に斜め写真撮影を実施しましたので、第一報を報告致します。


 今後も情報を公開していく可能性があります。得られた情報は随時ホームページ上で公開して参ります。

 弊社技術が、現地の詳細解明ならびに二次災害の抑制に少しでもお役に立てれば幸いです。

 
更新日:2017年10月17日    ver 1.20

・ 更新履歴
・ ホームページ災害写真の二次利用について
・ 著作権について

・ 免責事項

  

斜め空中写真撮影位置図  2017年10月13日撮影  
斜め空中写真撮影位置図

図1.1 斜め空中写真撮影位置図

図中の数字は、写真の撮影番号を示します。
左の図をクリックするとPDF表示します。
本ページでは、撮影した斜め空中写真の一部(24枚)を公開いたします。

なお、この図は撮影方向を概念的に示したもので撮影位置を正しく示すものではありません。


■斜め空中写真  2017年10月13日撮影

遠景

2017新燃岳 斜め空中写真_1

写真1.1(写真番号 0006)


2017/10/13 9:04 南西方向から撮影(撮影高度830m)
南西側山麓の状況。中央やや左に新燃岳と中岳、右端は高千穂峰と御鉢。

2017新燃岳 斜め空中写真_2

写真1.2(写真番号 0040)


2017/10/13 9:12 東方向から撮影(撮影高度1,360m)  
東側山麓の状況。左手前に御池、その奥に高千穂峰、新燃岳、韓国岳、右端に夷守岳。

2017新燃岳 斜め空中写真_3

写真1.3(写真番号 0065)


2017/10/13 9:14 東北東方向から撮影(撮影高度1,570m) 
北東側山麓の状況。手前に宮崎自動車道と高原IC。

2017新燃岳 斜め空中写真_4

写真1.4(写真番号 0093)


2017/10/13 9:16 北東方向から撮影(撮影高度1,760m) 
北東側山麓の状況。手前は小林市街。

2017新燃岳 斜め空中写真_5

写真1.5(写真番号 0126)


2017/10/13 9:23 北方向から撮影(撮影高度2,410m)
北側斜面の状況。中央は韓国岳、右奥に桜島と噴煙。

2017新燃岳 斜め空中写真_6

写真1.6(写真番号 0155)


2017/10/13 9:28 北西方向から撮影(撮影高度2,920m)
北西側斜面の状況。手前にえびの高原と六観音御池などの火口湖、やや奥に韓国岳と大浪池。

2017新燃岳 斜め空中写真_7

写真1.7(写真番号 0116)


2017/10/13 9:21 北方向から撮影(撮影高度2,410m)  
北西側斜面の状況。手前に夷守岳、右奥に桜島と噴煙。

中景

2017新燃岳 斜め空中写真_8

写真1.8(写真番号 0015)


2017/10/13 9:07 南西方向から撮影(撮影高度1,120m)
新燃岳南西側斜面の状況。中央右側が中岳。

2017新燃岳 斜め空中写真_9

写真1.9(写真番号 0035)


2017/10/13 9:11 東方向から撮影(撮影高度1,230m)
新燃岳東側斜面の状況。左端に高千穂峰、その右側に新燃岳と韓国岳。

2017新燃岳 斜め空中写真_10

写真1.10(写真番号 0123)


2017/10/13 9:23 北西方向から撮影(撮影高度2,580m) 
新燃岳北西側斜面の状況。手前は韓国岳からの斜面、左端に御鉢。

2017新燃岳 斜め空中写真_11

写真1.11(写真番号 0134)


2017/10/13 9:25 北西方向から撮影(撮影高度2,780m)  
新燃岳北西側斜面の状況。手前は韓国岳。

2017新燃岳 斜め空中写真_12

写真1.12(写真番号 0147)


2017/10/13 9:27 北西方向から撮影(撮影高度2,890m) 
新燃岳北西側斜面の状況。手前は噴気が上がる硫黄山と韓国岳。

2017新燃岳 斜め空中写真_13

写真1.13(写真番号 0205)


2017/10/13 9:34 南西方向から撮影(撮影高度2870m)
新燃岳南西側斜面の状況。左奥は夷守岳。

2017新燃岳 斜め空中写真_14

写真1.14(写真番号 0221)


2017/10/13 9:35 南西方向から撮影(撮影高度2880m) 
新燃岳南西側斜面の状況。奥は夷守岳。

2017新燃岳 斜め空中写真_14

写真1.15(写真番号 0231)


2017/10/13 9:37 南方向から撮影(撮影高度2680m)
新燃岳南側斜面の状況。左奥は韓国岳。

2017新燃岳 斜め空中写真_14

写真1.16(写真番号 0236)


2017/10/13 9:39 南東方向から撮影(撮影高度2430m) 
新燃岳南側斜面の状況。手前の雲間に御鉢と高千穂峰。

近景

2017新燃岳 斜め空中写真_14

写真1.17(写真番号 0189)


2017/10/13 9:33 南西方向から撮影(撮影高度2,880m)
噴気は北東方向に伸びている。火口手前の1959(昭和34)年噴火で形成された火口列に変状は見られない。

2017新燃岳 斜め空中写真_14

写真1.18(写真番号 0200)


2017/10/13 9:34 西方向から撮影(撮影高度2,880m)   
噴気は火口壁から200m程度まで上昇している。左奥は大幡池。

2017新燃岳 斜め空中写真_14

写真1.19(写真番号 0211)


2017/10/13 9:35 西南西方向から撮影(撮影高度2,870m) 
南西側からの新燃岳火口。奥は大幡池。

2017新燃岳 斜め空中写真_14

写真1.20(写真番号 0223)


2017/10/13 9:36 南西方向から撮影(撮影高度2,880m)  
南西側からの新燃岳火口。奥は夷守岳。

2017新燃岳 斜め空中写真_14

写真1.21(写真番号 0233)


2017/10/13 9:39 南東方向から撮影(撮影高度2,470m)
新燃岳火口の周辺には火山灰が堆積している。奥は韓国岳、手前は御鉢の火口壁。

2017新燃岳 斜め空中写真_14

写真1.22(写真番号 0249)


2017/10/13 9:40 東方向から撮影(撮影高度2,240m)
今回の噴火前に形成されていたガリーは埋積されていない。

2017新燃岳 斜め空中写真_14

写真1.23(写真番号 0173)


2017/10/13 9:28 南西方向から撮影(撮影高度2,890m) 
火口の西側を中心に噴気が上がっている。手前は、1959(昭和34)年噴火で形成された火口列。

2017新燃岳 斜め空中写真_14

写真1.24(写真番号 0253)


2017/10/13 9:40 東北東方向から撮影(撮影高度2,230m)
新燃岳火口左下側の中岳山頂部にも白色の火山灰が堆積している。


新燃岳の赤色立体地図  

 新燃岳周辺の赤色立体地図から、地形を立体的に見るコンテンツを作成しました。

 画面を操作することで拡大・縮小・回転させて地形を見ることができます。

 新燃岳周辺の地形の様子を俯瞰することが可能です。

*基盤地図情報(数値標高モデル)を使用しました。(国土地理院承認番号 平28情使第1285号)


〇操作方法

  拡大・縮小:ホイールを回転

  回転   :左クリックしながらドラッグ

  並行移動 :右クリックしながらドラッグ

  座標値取得:左クリックすると、左上に緯度経度標高が表示(この数値は参考値です)

 

注)閲覧するには、Internet Explorer 11、Google Chrome、Firefox をご使用ください。

ハードウェア等環境によっては動作しない場合があります。

また、Mac版Safariで閲覧する場合、「環境設定」で開発メニューを有効にし、開発メニューから「WebGLを有効にする」を選択してください。

 
斜め写真から生成した3Dモデル  

2017年10月13日撮影の斜め写真から、3Dモデルを作成しました。

ノンプラグインの3Dブラウザ「LavBrowser」による自由視点での3Dモデルを公開します。

噴煙や天候の影響で欠けているところがあります。速報データとしてご覧ください。    

→別ウィンドウで大きく表示する場合はこちら

 

 

キャプチャ(画像をクリックすると拡大します)

 

 
■ 本ページについて

このページでは、弊社による自主撮影結果を掲載しております。現在の状況把握や今後の防災対応等の資料としてご活用いただき、現地の復旧にお役に立てれば幸いです。

本ページで紹介している画像は、撮影した斜め空中写真の一部を、サイズを縮小して掲載しています。斜め空中写真のオリジナル画像やデータに関するお問い合わせは、以下までお願いいたします。

 

【お問い合わせ先】

 

■報道関係の方はこちらへ

 アジア航測株式会社 経営企画部 

      〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1‐2‐2 新百合トウェンティワン
   TEL:044-969-7290 FAX:044-965-2598

   E-mail:service@ajiko.co.jp

 

■行政・研究機関・企業のお客様はこちらへ

 アジア航測株式会社 営業統括部
   〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1‐2‐2 新百合トウェンティワン
   TEL:044-969-7549 FAX:044-953-8821
   E-mail:service@ajiko.co.jp

 

■ 当ページ掲載写真の二次利用について

下記の要領で、災害写真の使用許諾申請書をFAX、郵便、または電子メールにてお送りください。
審査のうえ、許可書をお送りいたします。


  • 使用の目的・形態によって使用料金を申し受ける場合がございます。
  • 無許可もしくは申請の内容に違反した場合には、許諾の取り消しや損害賠償を請求することがございます。
  • 使用の際、必ず「撮影:アジア航測(株)」と明記してください。
  • 使用した形態(現物、コピー、写真、ホームページアドレスなど)が分かるようなものをアジア航測に送付ください。
※弊社ホームページ掲載画像以外の高解像度データまたは焼き増しした写真をご提供する場合は別料金となります。

 

【送付先】

アジア航測株式会社 営業統括部(災害写真担当)
〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-2 新百合トウェンティワン
  FAX:044-953-8821
  E-mail:service@ajiko.co.jp

 

■ 著作権について

本ページで公開している文書および画像の著作権は、すべてアジア航測株式会社に帰属します。 本ページで得られた情報について許可なく、転載、販売、出版、公開をしないでください。


■ 免責事項について

弊社では、本ページの作成にあたり、細心の注意を払い正確な情報提供を心がけておりますが、 その内容の正確性・妥当性については一切責任を負いません。掲載されている情報の内容が 明らかに間違っている場合は、訂正・削除致しますので上記までご連絡ください。


 

関連リンク

関連ニュース
関連製品
関連フォト
関連表彰
関連論文

お問い合わせ