アジア航測|空間情報コンサルタント

 
HOME > ニュース一覧

2016/12/12

グリーンレーザを用いた「九頭竜川上流部縦横断測量業務」実施について

国内初!河川内を上空から測量します

福井河川国道事務所では、今年度実施する九頭竜川の定期縦横断測量において、航空レーザ測量(グリーンレーザ)を活用した測量を実施します。
いままで試験的に実施されたことはありましたが、航空レーザ測量を本格的に活用して実施するのは国内では初めてです。

従来の測量では、一定間隔(200m程度)の断面データを取得していましたが、レーザ測量を行うことにより河川内の地形データを連続的に3次元で取得することが可能となることから、今後、河川の維持管理にも寄与するものと考えております。


----------------------------------------------------------------------------
業務名:九頭竜川上流部縦横断測量業務
業務場所:九頭竜川18.0k~29.0k(中角橋付近から鳴鹿大堰まで)
履行期間:平成28年10月21日~平成29年5月31日
----------------------------------------------------------------------------
なお、この業務は当社が受託して実施しています。

 

この内容については、複数のニュースや新聞に取り上げられています。

 


出典:近畿地方整備局 福井河川国道事務所ホームページ

【記者発表】 国土交通省近畿地方整備局 福井河川国道事務所 ['16.11.16]
国内初!河川内を上空から測量~航空レーザ測量(グリーンレーザ)を活用した河川の定期縦横断測量~
http://www.kkr.mlit.go.jp/fukui/press/h28/pdf/2016111601.pdf

 

※本文については、近畿地方整備局 福井河川国道事務所ホームページの引用に編集を加えております。


お問い合わせ