アジア航測|空間情報コンサルタント

 
HOME災害情報関連一覧 > 「平成15年 九州豪雨」土砂災害(2003年7月)

2003/07/24

「平成15年 九州豪雨」土砂災害(2003年7月)

2003年7月九州豪雨土砂災害
(2003年7月24日作成、8月4日修正 ver.2.3)
 2003年7月19-20日に、梅雨前線の活動により、九州地方で土砂災害が発生し、多くの人命が失われました。弊社では、これらの土砂災害の実体を明らかにするために、7月21日に緊急撮影を、7月25日にレーザ計測作業を実施いたしました。その一部をここに紹介いたします。
 土砂災害の状況を知るための資料としてご活用ください。
・7.24 宝川内モザイク写真追加
・7.24 深川、菱刈地区写真追加
・7.24 太宰府地区写真追加
・7.25 一部修正、太宰府地図追加
・7.27 一部文章追加
・7.29 宝川内写真判読図追加
・7.30 宝川内土石流レーザ計測ページ追加
・8.1  太宰府大判斜め写真追加
・8.4  字句修正
広域位置図
■関連リンク
牛山先生 2003年7月19日~20日の九州における豪雨災害 研究関係情報
■水俣市宝川内(ほうがわち)土石流災害
  ■レーザーバード2による緊急計測結果
垂 直 写 真 2003/07/21 15:30撮影
写真-1■土石流発生域の崩壊垂直写真(C1-19)
土石流の発生源となった馬蹄形の崩壊地の拡大画像。崩壊地内部には、巨レキを含む土砂が堆積しているが、一部樹木が直立しているものもみられる。右が北、左が下流。
写真-2■崩壊地のステレオ写真(C1-18,19)
実体視によって、崩壊と渓流と道路の位置関係がよくわかる。崩壊は道路の山側斜面中腹で発生し、崩壊土砂が対岸の斜面に衝突したことがわかる。右が北、左が下流。
写真-3■流下経路垂直写真(C1-16)
通過部分。渓流の曲線区間で、土石流の一部が斜面に乗り上げていることがわかる。治山ダムが確認できる。右が北、左が下流。
写真-4■宝川内集地区垂直写真(C1-14)
茶色の部分が土石流の通過および氾濫堆積域。灰色の部分は、土石流堆積後に2次侵食を受けた部分。右が北。
写真-5■宝川内集地区ステレオ写真(C1-13,14)
実体視によって、土石流が渓流の屈曲部を直線的に進行し、高台を越えて集地区に達したことがわかる。
斜 め 写 真 2003/07/21 16:00撮影
写真-6■宝川内土石流斜め写真(南)
南側からみた全体像。背後に見える海は津奈木湾。
写真-7■宝川内土石流斜め写真(南西)
南西側からみた全体像。右下に見えるのが宝川内川。背後に見える山は矢城山(585.9m)。
写真-8■宝川内土石流斜め写真(北)
北側の崩壊地上空からの俯瞰画像。遠くに見えるのが、集地区。
モザイク
写真-9■宝川内土石流モザイク写真 (2003/07/21 15:30頃撮影)
崩壊地から集地区まで5枚の空中写真をデジタル接合したもの。地形図と完全に重なるオルソ画像ではない。右が北方向。
崩壊地と集地区の縮尺は2倍程度違うことに注意。
図-5■写真判読図(今村遼平作成)
図 面
図-1■赤色立体地図*1)による宝川内周辺地形
宝川内土石流のおおよその範囲を黄色で示した。 基図として、国土地理院発行の1/2.5万地形図「水俣・湯出」を使用した。また、背景に使用した赤色立体画像は数値地図50mより作成した。
図-2■航空写真標定図(水俣)
2003年梅雨前線豪雨
熊本県水俣市宝川内集
深川湯出新屋敷地区 平成15年7月21日撮影  縮尺 約1:3,000 基図として、国土地理院発行の1/2.5万地形図「水俣・湯出」を使用した。
 
■水俣市深川土石流
斜 め 写 真 2003/07/21 16:00撮影
写真-10■深川地区新屋敷土石流斜め写真
ちょうど雲の影の部分に崩壊がある。土石流が直線状に河川まで流れたことがわかる。撮影地点は、図-2の航空写真標定図のC5コース付近。東方向を俯瞰するように撮影したもの。
 
■菱刈土砂崩壊
斜 め 写 真 2003/07/21 15:00頃撮影
写真-11■菱刈土砂崩壊斜め写真
崩壊地は斜面の中腹に位置する。崩壊土砂は薄く広がり、水田に達している。北に向かって撮影、右が東方向。
垂 直 写 真 2003/07/21 15:00撮影
写真-12■菱刈土砂崩壊ステレオ写真(C1-7,8)
斜面の中腹に生じた崩壊地の形状を立体的に捉えることができる。写真の下側にももうひとつ崩壊があるが、道路には達していない。
図 面
図-3■航空写真標定図(菱刈)
2003年梅雨前線豪雨
鹿児島県菱刈町前目地区
平成15年7月21日撮影  縮尺 約1:3,000 基図として、国土地理院発行の1/2.5万地形図「吉松・栗野」を使用した。
 
■太宰府土石流
手持ち斜め 写 真 2003/07/19 14:00頃撮影
写真-13■太宰府土石流斜め写真(no.7)
太宰府市街地の北に位置する大城山、南の縁にある四王寺山脈の南東斜面に崩壊が生じている。
写真-14■太宰府土石流斜め写真(no.3)
水路からあふれた土砂が、ため池や住宅地に流れ込んでいる。
写真-15■太宰府土石流斜め写真(no.1)
連歌屋2丁目付近、水路からあふれた土砂を確認できる。
胴体斜め 2003/07/27 撮影
写真-16■太宰府土石流斜め写真(no.3009)
上方に見える稜線は、四王寺山脈の九州自然歩道。太宰府上空より北西方向を撮影。
写真-17■宇美町欅谷付近斜め写真(no.3069)
遠景は砥石山西山腹斜面。福岡刑務所付近より東方向を撮影。
写真-18■筑穂町大分川付近斜め写真(no.3071)
遠景に見えるのは、三郡山から砥石山にかけての稜線。大分付近より南西方向を撮影。
図 面
図-4■赤色立体地図*1)による太宰府周辺地形
太宰府で発生した土石流のおおよその範囲を黄色で示した。 基図として、国土地理院発行の1/2.5万地形図「大宰府、福岡南部」を使用した。また、背景に使用した赤色立体画像は数値地図50mより作成した。
 *1)赤色立体地図 特許出願中 特願2002-321634「傾斜赤色化立体画像」

お問い合わせ