アジア航測|空間情報コンサルタント

 
HOME災害情報関連一覧 > 三重県藤原町土石流災害(2002年7月17日)

2002/07/23

三重県藤原町土石流災害(2002年7月17日)

土石流を止めた砂防ダム 三重県藤原町

土石流を止めた砂防ダム 三重県藤原町
2002年7月18日撮影
2002年7月23日作成 ver.1.0
2002年7月17日、低気圧による大雨で三重県藤原町で土石流が発生しました。大部分の土砂は砂防ダムによって食い止められ、住民の人的な被害はありませんでしたが、一部の建物に被害がありました。ここでは、7月18日に上空から撮影した斜写真を紹介いたします。
■7月18日斜空中写真
写真-1 西之貝戸(にしのがいと)川と5基の砂防ダム
完成していた5基の砂防ダムが土石流を食い止めた様子がよく判る。 左支川のダムは未満砂であるが、本川の4基のダムは全て満砂となった。写真下部に見えるのは、大貝戸(おおがいと)地区の民家。1999年8月と9月の土石流の際には、砂防ダムが1基しかなく、土砂は民家から約100mの地点に達した。
写真-2 西之貝戸川と5基の砂防ダム
上流部のダムほど、より粗粒な堆積物を塞き止めているのが見られる。写真下部に見えるのは、大貝戸(おおがいと)地区の民家。  
ダム部分の拡大
最上流部の砂防ダムは、土石流のために一部が変形している。
写真-3 小滝川と2基の砂防ダム
上流側の砂防ダムには鋼製のスリットが見える。巨礫や流木が捕捉されている。下流のダムは現在副ダムを工事中。
写真-4 小滝川と2基の砂防ダム
写真の左端にみえるのは、坂本(さかもと)地区の民家。この写真上では住宅の被害は確認できない。

■標定図
図-1 標定図
斜写真の撮影範囲を示す。 基図として、国土地理院発行の1/2.5万地形図「篠立」「竜ヶ岳」を使用した。

お問い合わせ