アジア航測|空間情報コンサルタント

 
HOME災害情報関連一覧 > 「平成12年(2000年)三宅島噴火」噴火状況(2000年8月)

2000/07/10

「平成12年(2000年)三宅島噴火」噴火状況(2000年8月)

三宅島2000年噴火
2000年7/2,7/9,7/22、8/2、8/10、8/18、8/29撮影
2000年7月10日作成/9月10日更新 ver.9.2
8月29日の噴火の写真を掲載しました。
 このページでは、三宅島の噴火に関する情報を紹介しています。防災のためには、正しい現状把握が必要であり、空中写真映像を積極的に公開しています。  8月18日のマグマ水蒸気爆発噴火では、大規模な噴煙が成層圏に達し、島内全域に火山灰が降下するとともに、小石サイズの火山弾や岩片も落下しました。また、火口から直径が50cm以上にも達する岩のかけらが弾道を描いて飛び出し、中腹の牧場の牛舎を破壊したほか、伊ヶ谷付近の都道にも落下しました。火山噴火予知連では、今後、雨が降った場合には泥流の発生する可能性があり、十分な警戒をするようによびかけています。  8月29日の噴火では、噴煙が8000m上空に達すると共に、南西側と北東側に弱い火砕流が発生しました。人的な被害こそありませんでしたが、火山噴火予知連では、今後さらに強い火砕流が発生する可能性があるとして、警戒が呼びかけられました。それを受けて、三宅村と東京都では、防災関係者を除く全島民に対して、避難命令を出し、9月4日まで避難を完了しました。また、9月5日に大雨があり、島内の10箇所で泥流が発生しました。
■コンテンツ
■噴火の経緯 ■マグマ貫入事件 ■降下火山灰による被害状況(7/14-15) ■空中写真 ■リンク集
 
神津島・新島地震災害
■8月29日写真(NEW)
写真-38 8月29日の南西方向に走った火砕流
(5時50分三宅高校より千葉撮影)
「デジカメで捉えた火砕流の連続写真」へのリンク
写真-39 神津島上空からみた三宅島
8月29日10時50分撮影。三宅島の雄山から、低い黄色みを帯びた噴煙が低くたなびいている。
写真-40 神津島上空からみた三宅島(39の拡大)
南西側斜面から灰色の火山灰が舞い上がっているが、朝5時50分頃の火砕流到達域と思われる。
■8月18日写真
写真-37 8月18日の大噴火の状況
(17時10分肉倉撮影)  
 
■8月10日写真
写真-34 北側からみた8月10日の噴煙
撮影時刻は12時45分
写真-35 北側からみた8月10日の噴煙
写真-34の部分拡大 噴煙は火口壁の東側にぶつかり、火山灰を吹き付けている。噴煙はすぐに泥雨となって山腹に降下している。
写真-36 御蔵島からみた噴煙
(遠山撮影)
■8月2日写真
写真-29 火口垂直写真その1
写真-30 火口垂直写真その2
写真-31 東(三池)方向からみた斜め写真
地名入り(横640pix) SGAサイズ(横800pix)
写真-32 北東(地獄谷)方向からみた斜め写真
地名入り(横640pix) SGAサイズ(横800pix)
写真-33 北(神着)方向からみた斜め写真
地名入り(横640pix) SGAサイズ(横800pix)
■7月22日斜め写真
写真-27 北方向から見た三宅島全景    
(no.8912)
写真-28 雄山カルデラ
雄山山頂に、7月8日に形成された、直径約1kmの新カルデラは、22日の写真で見ると、全く異なる様相を呈していた。撮影中にも絶えまなく崩壊が発生しており、深さ・直径ともにじりじり拡大していると考えられる。雄山林道終点の駐車場(火口縁まであと50m)付近に見えるのは、14日の噴火で落下した角礫である。
図-1 7月9日と7月22日の平面比較図
赤線で示したのが、7月9日現在の地形分類結果で、7月22日の写真に重ねて示した。(藤田浩司作成)
 
■7月22日垂直写真
写真-20 7月22日10時32分の雄山山頂の状況
写真-21 7月22日10時32分の雄山山頂の状況(ステレオ写真)
写真-22 7月22日10時32分の雄山山頂の状況 カルデラ底の詳細を示すステレオ写真
図-2 7月22日撮影分の標定図
図-3 7月22日火口底の簡易写真測量結果(暫定版)
 写真上で右側中央にある、駐車場トイレ基礎との比高で表示した。最も低い地点との比高は、474mとなりました。基準点とした、トイレの高度を714mと仮定すると、7月22日現在の火口底の最低標高は、240mとなります。なお現在、ルーチンの航測図化作業中です。
■7月16日にみられた、二次火山灰
写真-17 赤場暁付近
写真-18 神着付近
写真-19 三池港付近
 

2000年7月9日12時撮影

写真-13
  北方向からの斜め俯瞰写真 no.3151 VGAサイズ SGAサイズ
写真-13b
カルデラ底部分の拡大 no.3151
写真-14
  垂直写真 no.3133 SGAサイズ
写真-14b
  ステレオ写真 no.3132-34
写真-14c
  東方向からの斜め写真 no.3149 SGAサイズ
写真-14d
  西方向からの斜め写真 no.3146 SGAサイズ
写真-15
北方向からの斜め写真   no.3143 SGAサイズ
写真-16
  南方向からの斜め俯瞰写真 no.3152 SGAサイズ
topに戻る
■三宅島噴火関連リンク集(作成中)

東大地震研「三宅島火山、神津島・新島地震活動情報」
東大地震研中田先生「大学観測班の活動状況」
東大地震研嶋野さん「三宅島火山2000年活動情報」
日本大学大野先生「三宅島2000年噴火の山頂地形とその噴出物」

お問い合わせ