アジア航測|空間情報コンサルタント

 

HOMECSR活動一覧災害被災地支援 > <CSR活動>昨年12月に被災地の子供たちへクリスマスプレゼントを行いました

災害被災地支援


2011/12/19

<CSR活動>昨年12月に被災地の子供たちへクリスマスプレゼントを行いました

アジア航測では、被災地の子供たちが「笑顔と元気」に少しでもクリスマスを楽しく過ごすことができるように、昨年12月に幸せのプレゼントとしてお菓子(レモンケーキ1,800個)とチャリティーのご協力をいただいた皆様からのメッセージを贈りました。

配達日 配達先 プレゼンター
12月19日 大槌小学校、大槌北小学校、安渡小学校、赤浜小学校、吉里吉里小学校、大槌中学校、吉里吉里中学校

≪計1,000個≫

アジア航測 盛岡支店
NPO法人アイディング
NPO法人@リアスサポートセンター
12月20日 山田町内保育所・幼稚園 計12ヵ所 ≪計600個≫
大槌町内保育所 計4ヵ所 ≪計200個≫
盛岡市社会福祉協議会
山田町社会福祉協議会


大槌町内の小中学校は、吉里吉里小中学校以外は同じ敷地内の仮設校舎で授業をしていました。
元気に遊び、そして部活動に一生懸命励む子供たちを見て、そのたくましさを感じとりました。
このプロジェクトは、子供たちに「笑顔と元気」与えることを目的に活動をしましたが、我々が元気を戴いた気持ちになりました。

3月11日の地震発生当時、吉里吉里小学校の児童は校庭に避難していましたが、熊谷副校長先生のお話では、学校は海が見える高台に位置してるため津波が町を襲う状況を子供たちが目の当たりにする可能性があったことから、混乱と動揺を考慮して海が見えない、より高台の寺院に移動したそうです。
先生方の子供たちへ対する本当の愛情を感じました。

子供たちの「笑顔と元気」は、復興するための「宝」だと思います。
子供たちの「笑顔と元気」があればまた幸せに暮らせる街並みが戻ることでしょう。


【プレゼントしたレモンケーキとプレゼントの様子】
プレゼントしたレモンケーキ
プレゼントしたレモンケーキ
子供たちへのメッセージシール
子供たちへのメッセージシール
梱包したプレゼント
梱包したプレゼント
プレゼントの様子
プレゼントの様子(左:吉里吉里小 熊谷副校長先生)


【吉里吉里小学校のみなさまから届いたお礼状】
佐藤良校長先生からのお手紙
佐藤良校長先生からのお手紙
児童のみなさんからの寄せ書き
児童のみなさんからの寄せ書き



 
お問い合わせ