アジア航測|空間情報コンサルタント

 
HOME > 鳥瞰散歩(読み物)
 

  特集 2013年未来へ  311を忘れない ~

   
東日本大震災に関するあらゆる記録・教訓を次の世代へ伝え、被災地の復旧・復興事業、今後の防災・減災対策に役立てるために、多くのポータルサイトやアーカイブが公開されています。
総務省と国立国会図書館は、東日本大震災に関するデジタルデータを一元的に検索・活用できるポータルサイト「国立国会図書館東日本大震災アーカイブ(ひなぎく)」 (http://kn.ndl.go.jp) を平成25年3月7日(木)から公開しました。 
 
愛称「ひなぎく」  Hybrid Infrastructure for National Archive of the Great East Japan Earthquake and Innovative Knowledge Utilization 」の頭文字をとり、「ひなぎく」という愛称をつけました。また、ひなぎくの花言葉「未来」「希望」「あなたと同じ気持ちです」に、復興支援という事業の趣旨を込めています。
 
アジア航測は、これからの未来をつくるこどもたちを応援します。   

もちろん、未来につながる今をがんばる大人たちも
応援します。
 
知恵をだしあい、ともに歩んでいきましょう。


アジア航測は「復興!岩手(http://fukkou-iwate.com/) 」に協賛し、
東北の復興を支援しています。

     



アジア航測のコンテンツ 
 
アジア航測は、災害の状況を正確に把握することが防災・応急対策にとって重要と考え、独自の判断により自社撮影を行っています。2011.3.11の震災時にも多数の写真を撮影し、官民問わずさまざまな方のお役にたてるよう、ホームページで公開してまいりました。 その後も、車に搭載した360度カメラで定期的に撮影記録する作業を続けています。
 
平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震 緊急自社撮影


 

アジア航測のさまざまなキャラクターが、防災・環境・わが社などを語ります!
◉ 今回のテーマは!
「土地の潜在的危険度」
安全な地盤って?地質ってなに?

◉ 今回のテーマは!
     「渋谷の凸凹」
世界を災害から守る!
赤い地図革命あれこれ

◉ 今回のテーマは!
「航空機事故を忘れてならず」
森と水と大地をこよなく愛す
仲間たち

◉ 今回のテーマは!
「常に未来を創造する
     我が社の熱い社員!」
アジア航測の熱い想いを
長尾レポーターが追う!