NEWS

「合同会社とみさとエナジー」を設立

アジア航測株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小川 紀一朗、以下、「当社」)は今般、千葉県富里市(所在:千葉県富里市、市長:五十嵐 博文、以下、「富里市」)、綜合警備保障株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:青山 幸恭/以下、「ALSOK」)とともに、「合同会社とみさとエナジー」を設立しました。

 

「合同会社とみさとエナジー」は、市の電力供給の効率化により生み出した効果額で、市の課題解決、持続可能で良質な市民サービスの提供を行っていきます。

なお、電気料金削減に向けた官民連携事業としては、千葉県内初の取組となります。

 

【会社概要】

会社名

合同会社とみさとエナジー

共同出資者

富里市、アジア航測株式会社、綜合警備保障株式会社

代表社員

富里市 職務執行者 富里市副市長 山根康夫

資本金

150万円

設立日

令和3年1月29日

所在地

千葉県富里市七栄652-1富里市役所内

主な事業

(1)富里市の電力調達等の事務に関する事業

(2)富里市における公共施設等の維持管理に関する事業

(3)富里市における防災・減災に関する事業

(4)富里市における低炭素社会実現に関する事業

(5)富里市における持続可能な開発目標(SDGs)の取組促進に関する事業

(6)富里市のまちづくりに関連する事業

(7)その他

 

当社は、全国の地方公共団体向けに空間情報技術を活用した、行政支援サービス・コンサルティング事業を展開しております。ALSOKは、安全・安心をキーワードに、機動力を活かした防犯・防災事業を展開しております。当社がこれまでの経験にて培った行政支援に関する技術力とALSOKの防犯・防災事業のノウハウを掛け合わせ、富里市とともに地域課題の解決に繋がるまちづくり事業を共創し、市民サービスの向上、持続可能なまちづくりに貢献します。

 

当社は、今後も官民連携の取り組みを通じ、地方公共団体におけるスマートシティや持続可能なまちづくりの実現に向けて、積極的に取り組んでまいります。

お問い合わせ
ページトップへ

オンライン商談はこちら