NEWS

「平成30年北海道胆振東部地震」被害状況(2018年9月6日)第二報

平成30年北海道胆振東部地震(2018年9月6日)第二報

第一報はこちら
 

このたびの地震により、お亡くなりになった方に謹んでご冥福をお祈りいたします。また被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

2018年9月6日午前3時8分ころ、地震が発生しました。震源地は、胆振地方中東部で、最大震度7、震源の深さは約40km、地震の規模(マグニチュード)は6.7と推定されています。被害の全容はまだ明らかになっておりませんが、アジア航測は緊急撮影を実施し、現地の情報収集に努めています。
得られた情報は随時ホームページ上で公開して参ります。
弊社技術が、現地の詳細解明ならびに二次災害の抑制に少しでもお役に立てれば幸いです。

 
更新日:2018年9月20日 ver 2.10

更新履歴
ホームページ災害写真のご使用について
著作権について
免責事項

SPOT-6号の衛星画像を用いた土砂移動域の自動抽出結果  

災害発生前後のSPOT 6号衛星の画像を用いて変化域を自動抽出するとともに、災害発生後の画像のみを用いて深層学習により土砂移動域を自動抽出し、両者の結果の重なる部分のみを抽出しました。将来的に、衛星画像等による監視に繋がる技術です。
 ※自動抽出結果には耕作地も含まれていますのでご注意下さい。(詳細な説明

  ■使用した衛星画像の諸元:SPOT6号 1.5mパンシャープン画像
    撮影日: 災害前 2017年7月13日 災害後 2018年9月11日

SPOT解析

図1.1(厚真町1)

SPOT解析

図1.2(厚真町2)

SPOT解析

図1.3(厚真町3)

SPOT解析

図1.4(厚真町4)

SPOT解析

図1.5(厚真町5)

  ■ WebGIS(ArcGIS Online)による閲覧が可能です。(外部サイトに移動します)

2次元アプリ
3Dシーン ※Chrome推奨

<土砂移動域自動抽出の試行に関する説明>

①差分抽出:災害前(2017年7月13日)と災害後(2018年9月11日)のNDVI(Normalized Difference Vegetation Index:正規化植生指標。植物による光の反射特性から植生の活力度合を把握する手法として考案された指標)画像を比較し、災害後にNDVIが大きく低下した場所を抽出しました。通常は、NDVIが高い植生域からNDVIが低い裸地や水域に変化した場所が抽出されます。そのため、耕作地や伐採地など人為的に改変された場所も抽出(誤抽出)されている場合があるほか、元々NDVIが低い場所での土砂移動変化箇所が抽出されていない場合があります。

 

②深層学習:PlanetLabsの衛星画像を使用して平成29年九州北部豪雨による土砂移動域を学習させた試行モデルを、今回のSPOT画像へ適用して抽出しました。災害後の画像のみから抽出しているため、伐採地などの土砂移動域と区別がつきにくい場所が抽出(誤抽出)されている場合があります。また、今回の試行モデルによる結果では、谷部の土砂移動域などが抽出されていない場合があります。

 

今回の土砂移動域の自動抽出は、上記の①と②でともに抽出されている場所のみを抽出しています。なお、今回の試行においては、耕作地等への土砂移動等を考慮し、土地の勾配等の考慮もしていません(このため、耕作地変化での誤抽出も多くなっています)。今後、さらなる研究と検討を進めて、土砂移動域の自動抽出の精度向上を図っていく予定です。

今回の試行にあたっては、「国土交通省の平成29年度建設技術研究開発助成制度による開発費補助金を受けて実施した研究成果」の一部を活用しています。

■LaVBrowserによる3Dモデル  2018年9月6日撮影 
3D

北海道胆振東部地震9月6日撮影の画像から3次元モデルの作成を行いました。

ノンプラグインのブラウザで見ることができるLaVBrowserで公開します。

左の画像をクリックするとブラウザが立ち上がります。

※推奨:GoogleChomeの方が動作が速いです。 

・部分的にモデルが形成できていないところがあります。

・基準点を使用していないため、緯度経度のズレが若干あります。

・メニューの右下の「設定」で画像描画レベルの調整ができます。左下で位置等の情報をみることができます。

→ 簡易操作マニュアル

■ 更新履歴
■ 本ページについて

このページでは、弊社による自主撮影結果を掲載しております。現在の状況把握や今後の防災対応等の資料としてご活用いただき、現地の復旧にお役に立てれば幸いです。

本ページで紹介している画像は、撮影した斜め空中写真の一部を、サイズを縮小して掲載しています。斜め空中写真のオリジナル画像やデータに関するお問い合わせは、以下までお願いいたします。

 

【お問い合わせ先】

■報道関係の方はこちらへ

 アジア航測株式会社 経営企画部 TEL:044-969-7290

   E-mail:service@ajiko.co.jp

■行政・研究機関・企業のお客様ははこちらへ

 アジア航測株式会社 営業統括部
   〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1‐2‐2 新百合トウェンティワン
   TEL:044-969-7549 FAX:044-951-3259
   E-mail:service@ajiko.co.jp

 

■ 当ページ掲載写真の二次利用について

下記の要領で、災害写真の使用許諾申請書をFAX、郵便、または電子メールにてお送りください。
審査のうえ、許可書をお送りいたします。

  • 使用の目的・形態によって使用料金を申し受ける場合がございます。
  • 無許可もしくは申請の内容に違反した場合には、許諾の取り消しや損害賠償を請求することがございます。
  • 使用の際、必ず「撮影:アジア航測(株)」と明記してください。
  • 使用した形態(現物、コピー、写真、ホームページアドレスなど)が分かるものをアジア航測に送付ください。

※弊社ホームページ掲載画像以外の高解像度データまたは焼き増しした写真をご提供する場合は別料金となります。

【送付先】

アジア航測株式会社 営業統括部(災害写真担当)
〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-2 新百合トウェンティワン
  FAX:044-951-3259
  E-mail:service@ajiko.co.jp

■ 著作権について

本ページで公開している文書および画像の著作権は、下記を除き、すべてアジア航測株式会社に帰属します。 本ページで得られた情報について許可なく、転載、販売、出版、公開をしないでください。

■ 免責事項について

弊社では、本ページの作成にあたり、細心の注意を払い正確な情報提供を心がけておりますが、 その内容の正確性・妥当性については一切責任を負いません。掲載されている情報の内容が 明らかに間違っている場合は、訂正・削除致しますので上記までご連絡ください。


お問い合わせ
ページトップへ