NEWS

平成30年 霧島山(新燃岳)噴火(2018年3月) 第二報

平成30(2018)年 霧島山(新燃岳)噴火

第一報はこちら

 

平成30(2018)年3月1日に霧島山(新燃岳)が噴火しました。その後、噴火が断続的に発生する中で、3月6日には火口内に溶岩が確認され、3月9日11時頃には溶岩が火口縁を乗り越えました。
当社および熊本大学、東京大学地震研究所は、朝日新聞社の協力により2018年3月9日15時ごろに撮影した斜め写真から、SfMを用いた溶岩地形解析を行いましたので、ご報告します。
なお、本検討は、文部科学省の次世代科学研究・人材育成総合プロジェクトの「無人機(ドローン等)による火山災害のリアルタイム把握手法の開発」の研究として、熊本大学の協力を得て実施したものです。
弊社技術が、現地の詳細解明ならびに二次災害の抑制に少しでもお役に立てれば幸いです。

 
更新日:2018年3月12日 ver 2.00

更新履歴
ホームページ災害写真のご使用について
著作権について
免責事項

新燃岳の溶岩地形解析結果(3月9日15時ごろ)

アジア航測では熊本大学および東京大学地震研究所と共同で、新燃岳の火口蓄積溶岩の地形計測を行いました。用いた手法は、複数の空撮斜め写真*1)を使用したSfM方式で、作成した3次元モデルは、火口縁や外側斜面で噴火前の地形と数m以内で一致しました。なお、溶岩の周囲は噴気が多く、一部作成できていないエリアや精度が低いデータがあります。

作成した噴火後の地形モデルと、噴火前の地形モデル*2)との差分より、地形変化量を算出しました。これがほぼ溶岩であると仮定すると、噴火開始から2018年3月9日15時までに噴出した溶岩の体積は、約1500万m³*3)となります。また、溶岩の厚さは、中央部で約60m、北西側火口縁で約20mであることがわかりました。

なお、この内容は、3月11日付で火山噴火予知連に報告しています。

(脚注)
1)使用した写真は、朝日新聞社の協力を得て、熊本大学准教授の宮縁さんが上空から撮影したものです。
2)噴火前の地形データは、国土地理院の基盤地図情報の5mメッシュのデータを使用しました。これは平成24年航空レーザ計測によるものであり、したがって、地形変化量には、平成27年10月の噴火による地形変化も含まれます。
3)噴気影響範囲の地形推定結果により、この値は今後修正される可能性があります。

以下、予知連への報告内容を転載します。

新燃岳の溶岩地形解析結果(3月9日15時頃)

2018年3月11日

アジア航測・熊本大学・東京大学地震研究所

2018年3月9日15時頃,朝日新聞社の協力により斜め写真撮影を実施した.ž

写真からSfMを用いて三次元モデル・数値表層モデル(DSM)を作成し、さらに赤色立体地図を作成した.

噴気により三次元モデルが一部作成できていないエリアおよび精度が低いエリアがある。ž

噴火前の数値標高モデル(DEM)と、作成した数値表層モデル(DSM)の標高差分から,2018年3月9日15時頃の溶岩体積を15×10⁶m³と推定した。また,火口縁付近の溶岩の厚さは最大20m程度である。

※本検討は、文部科学省の次世代火山研究・人材育成総合プロジェクトの「無人機(ドローン等)による火山災害のリアルタイム把握手法の開発」の研究として、熊本大学の協力を得て実施したものである。

図1 新燃岳火口周辺の斜め写真(2018年3月9日14時54分撮影)

朝日新聞社の協力により熊本大学・宮縁育夫撮影。  

 

図2 新燃岳火口周辺の赤色立体地図(上:噴火前 下:2018年3月9日15時頃)

噴気等の影響により三次元モデルが完全に作成できていない部分も合わせて表示している。  

※噴火前のデータには基盤地図情報数値標高モデル(5mメッシュ)を使用(平成24年計測)。  

 

図3 新燃岳火口北西の赤色立体地図(上:噴火前 下:2018年3月9日15時頃)

面位置を特定しやすくするために、噴火前の等高線(2m間隔)を赤色立体地図と重ねて表示。  

※噴火前のデータには基盤地図情報数値標高モデル(5mメッシュ)を使用(平成24年計測)。  

 

図4 火口の断面図(緑点線の範囲は噴気の影響が大きく精度が低い部分)

 A-A’断面(北西-南東)の溶岩表面標高は1390m程度とほぼ一定である。

 B-B’断面(北東-南西)の溶岩表面標高は南西方向が低く(1380m程度)、北東方向が高い(1400m程度)。

※噴火前のデータには基盤地図情報数値標高モデル(5mメッシュ)を使用(平成24年計測)。  

 

図5 火口北西側の断面図(図4の一部拡大)

噴気等の影響により三次元モデルが完全に作成できていない部分も合わせて表示している。    

※噴火前のデータには基盤地図情報数値標高モデル(5mメッシュ)を使用(平成24年計測)。  

 

図6 溶岩体積の算出を実施したエリア

推定した2018年3月9日15時頃の溶岩の範囲  

■ 更新履歴
■ 本ページについて

このページでは、弊社による自主撮影結果を掲載しております。現在の状況把握や今後の防災対応等の資料としてご活用いただき、現地の復旧にお役に立てれば幸いです。

本ページで紹介している画像は、撮影した斜め空中写真の一部を、サイズを縮小して掲載しています。斜め空中写真のオリジナル画像やデータに関するお問い合わせは、以下までお願いいたします。

 

【お問い合わせ先】

■報道関係の方はこちらへ

 アジア航測株式会社 経営企画部 TEL:044-969-7290

   E-mail:service@ajiko.co.jp

■行政・研究機関・企業のお客様ははこちらへ

 アジア航測株式会社 営業統括部
   〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1‐2‐2 新百合トウェンティワン
   TEL:044-969-7549 FAX:044-951-3259
   E-mail:service@ajiko.co.jp

 

■ 当ページ掲載写真の二次利用について

下記の要領で、災害写真の使用許諾申請書をFAX、郵便、または電子メールにてお送りください。
審査のうえ、許可書をお送りいたします。

  • 使用の目的・形態によって使用料金を申し受ける場合がございます。
  • 無許可もしくは申請の内容に違反した場合には、許諾の取り消しや損害賠償を請求することがございます。
  • 使用の際、必ず「撮影:アジア航測(株)」と明記してください。
  • 使用した形態(現物、コピー、写真、ホームページアドレスなど)が分かるものをアジア航測に送付ください。

※弊社ホームページ掲載画像以外の高解像度データまたは焼き増しした写真をご提供する場合は別料金となります。

【送付先】

アジア航測株式会社 営業統括部(災害写真担当)
〒215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-2 新百合トウェンティワン
  FAX:044-951-3259
  E-mail:service@ajiko.co.jp

■ 著作権について

本ページで公開している文書および画像の著作権は、下記を除き、すべてアジア航測株式会社に帰属します。 本ページで得られた情報について許可なく、転載、販売、出版、公開をしないでください。

■ 免責事項について

弊社では、本ページの作成にあたり、細心の注意を払い正確な情報提供を心がけておりますが、 その内容の正確性・妥当性については一切責任を負いません。掲載されている情報の内容が 明らかに間違っている場合は、訂正・削除致しますので上記までご連絡ください。


お問い合わせ
ページトップへ