NEWS

「NPO空とぶ森」の活動として、環境学習・森林施業体験講座を実施しました

アジア航測は、自然と共生する産業としての林業や農山村地域の喪失防止や再生を実現し、 森林・環境保全活動に取り組む『特定非営利活動法人 空とぶ森』等、 地域社会貢献に取り組むNPO法人の活動に協力しています。

 

2018年5月19日(土)、「NPO 空とぶ森」の森林・環境保全活動の一環として、群馬県みなかみ町・月夜野地区で森林施業体験講座・遊歩道整備を実施しました。
前夜の雨から一転、晴天のもと当社社員や社員のご家族など大人21名、子供2名が参加。森林の間伐予定地へ移動しながら、植物や昆虫に関するレクチャーを行い、初参加の参加者によるカラマツ林での間伐作業を行いました。

間伐作業では、立木の伐倒のポイントを指導をしていただきました。

ポイント① 木を倒す方向を見極める。
ポイント② 倒木時に事故につながりそうなものを取り除く。
ポイント③ 逃げる時や移動時に邪魔になるものを取り除く。 
ポイント④ 受け口をつくる。 
ポイント⑤ 追い切りをする。

     

間伐作業終了後、ドローンによる間伐作業を行った場所の撮影を行い、林間に間伐によるギャップ(写真の赤丸部分)が見て取れることを確認しました。

 

◆遊歩道(橋)の整備
間伐作業で伐倒して玉切りしたカラマツ材を利用して、遊歩道の入口にある沢に橋長4m程度の橋を架けました。

橋のおかげで小さな子供でも、容易に沢を渡ることができるようになりました。

参加者全員、心地よい汗を流し、満足する活動ができました。次回の活動でも、遊歩道の整備を継続する予定です。
今後とも、NPOとのパートナーシップを含めた企業市民としての活動を推進してゆきます。

お問い合わせ
ページトップへ