RECRUITINGASIA AIR SURVEY Co., Ltd.

FAQよくあるご質問

採用選考について

Q1どのような人材が求められますか?

メッセージの「求める人材像」をご覧ください。
柔軟な発想と大局的な視点、洞察力を持ち、常に自らを高め「創造」と「伝承」・「結束」を通じて、より高い企業利益の創造に向けて、行動し挑戦できる人材を求めています。

  • 既成概念の枠にはまらない多様な発想ができる人
  • 多様性(国籍・性別・年齢などの違い)を受け入れ、一緒に目標に向かって取り組める人
  • 好奇心旺盛で、チャレンジ精神と自らの信念を持って行動することができる人

メッセージ

Q2選考方法や採用方針はどのようになっていますか?

面接試験が中心で、あくまでも人物本位での選考を考えております。
ただし、履歴書・エントリーシート(キャリア採用の場合は職務経歴書)は、採用を左右する大事なポイントなのでしっかりとご記入ください。
なお、選考方法については 「募集要項」でご確認ください。

募集要項

Q3OB・OG訪問は受け付けていますか?

個人情報保護の観点から、個別のお問い合わせによるOB/OGの紹介は行っておりません。

Q4面接の場所や時間はどのようにされているのですか。

新卒採用における面接場所は新百合本社です。集団面接を2回行い、1時間程度お話しを聞かせていただいています。
キャリア採用は、個別面接を2回行っています。

Q5第二新卒の応募は可能ですか?

可能です。職歴がある方でも、当社の業務を行うのに充分な職務経験がないと判断される場合には、キャリア採用ではなく新卒採用にご応募ください。ただし、処遇は新卒採用者と同等になります。

Q6外国籍なのですが応募資格はあるのでしょうか?

応募可能です。当社では、国内外を問わずグローバルに活躍できる優秀な人材を広く募集しておりますので、国籍は一切不問ですし、実際、多くの外国籍の社員が働いています。最近では、イタリア、ジンバブエ、中国、韓国籍の方も在籍されております。詳しくは個別に対応しますので、採用担当にお問い合わせください。

入社後について

Q1配属はどのようにして決まるのですか?

応募書類で選択して頂いた職種・分野を基本に、面接を通じて適性を見極め、将来性に向けた経験も配慮したうえで決定します。

Q2入社後の研修はどのように行われるのですか?

アジア航測教育研修体系に基づき、階層別研修、職種別研修、自己啓発支援を行っています。 2ケ月間に渡る新入社員研修をはじめ、中堅社員研修、監督職研修、管理職研修等、各階層にあわせたプログラムを実施。 職種別研修では、トップ技術者の講演会や資格支援など数多くの社内CPD(Continueing Professional Development)プログラムを実施しています。

Q3福利厚生はどのような制度がありますか?

福利厚生をご覧ください。

福利厚生

Q4育児休業制度を利用する社員の方はどの位いるのでしょうか?

昨年度は、女性社員7名が育児休業制度を利用しました。
育児休業を取得した社員の中には2度3度と出産して現在も活躍している社員もおります。
なお、育児休業制度については 福利厚生 をご覧ください。

福利厚生

Q5休日・休暇について教えて下さい。

年間休日121日(土日祝日休、完全週休2日制)
年末年始休暇(12/29〜1/4)
夏期休暇5日間

その他、有給休暇、積立休暇、慶弔休暇、リフレッシュ休暇などがあります。
なお、ゴールデンウィークや夏期休暇前後に有給休暇を使用しての長期休暇の取得を促進中です。
また、アニバーサリー(記念日)休暇を年間で3日設定し、休みやすい環境を作ることを心がけています。

Q6社宅や独身寮は誰でも入居出来ますか?

新卒採用者(独身者に限る)が自宅から通勤が困難である場合は、借上寮(5年間)を用意いたします。通常のマンションやアパートを会社が借上げて皆さんに貸与する仕組みです。安価な使用料でお住みいただけます。
また、転勤者については社宅を貸与(7年間を限度)します。当社が保有する施設ではなく、寮と同様に借上げですので、転勤者に限定しております。

Q7仕事中の服装はどんな感じですか?

基本的には男性はスーツ・ネクタイを着用し、女性はそれに準ずる服装となっております。但し、夏場(6/1〜10/31)はクールビズを推奨しており、ノーネクタイ・ポロシャツ・チノパンなど、TPOに応じた服装で勤務しております。

Q8通勤方法を教えて下さい。

公共交通機関での通勤を基本としております。勤務地によって、また止むを得ない事情がある場合にはマイカー通勤を認めております。なお、マイカー通勤に関しては、万が一の事故に備えて基準を満たす任意保険加入を前提にしております。

その他

Q1新卒採用において、大学院卒と学卒ではどちらの採用が多いのですか?

技術部門での採用が多いため、必然的に理系の学生を採用する傾向にあります。
また、当社を受けられる学生の多くが大学院生であることから、必然的に大学院卒が多い傾向になっております。
ただし、学卒の方も積極的に採用したいと考えておりますし、実際に活躍している社員も多数在籍しています。
近年の新卒採用状況は以下のとおりです。

2017年度 2016年度 2015年度 2014年度
大学院 15 17 17 8
大学 21 17 12 9
専門学校 2 1 3 3