アジア航測|空間情報コンサルタント

 
建設コンサルタント(防災)

【コア技術】赤色立体地図

赤色立体地図は、2002年に航空レーザ計測結果を表現するために開発した独創的な地形表現方法です。
傾斜が急な面が赤く、尾根は明るく谷が暗くなるように表され、1枚で、方向依存性のない立体感が得られます。
微地形と大地形が同時にわかるのが特長で、特に微地形の特徴抽出に優れています。
データチェックや判読、現地調査、GIS、マップ等、幅広い場面で利用されているアジア航測の基礎技術です。


コンテンツリスト



お問い合わせ
PDFダウンロード