アジア航測|空間情報コンサルタント

 
建設コンサルタント(環境)

環境再生支援(除染事業)

東日本大震災により東京電力福島第一原子力発電所から放射性物質が大量に漏洩するという甚大な災害が発生しました。福島県内では一部に警戒区域、計画的避難区域が設定されたほか、その他の地域でも平常時よりも高い放射線が観測され、当該地域を除染し、被ばく線量を低減させることが急務となっています。
2012年1月1日に「放射性物質汚染対処特措法」が完全施行されたことに伴い、除染に関連する事業が本格的に動き始めています。


アジア航測は、2011年秋から放射性物質対策調査・除染関連事業に必要な資器材の調達を開始し、大学などの研究機関および環境省へ社員を派遣し、そのノウハウを習得するなどの準備を進めて
まいりました。2012年5月には福島市内に「環境再生支援室」を設置し、国や地方自治体から委託を受けた放射線モニタリングや除染に関する業務の対応をおこなっています。






コンテンツリスト

検索

◎別のカテゴリーで調べる


 

◎業務や技術で探す

計測 判読・マッピング
     
GIS 調査・計画等
 
 
 
お問い合わせ
PDFダウンロード