アジア航測|空間情報コンサルタント

 
建設コンサルタント(防災)

都市防災

防災の概念は、「災害を起こさない」から「災害にどう対応するか」へと移りつつありますす。このためには、多種多様な災害を想定し、それぞれの局面における対応策を提示することが重要です。
東日本大震災により、あらゆる災害を事前に想定し、災害危険性、避難経路・避難場所の安全性等の評価などを踏まえ、まちづくりの構想段階から対策を検討することの重要性が指摘されています。アジア航測では、最新のリモートセンシングや地理情報システムの技術を活用しつつ、地域住民と防災リスクの共有を図り、共助をベースとした防災対策の検討を提案しています。

コンテンツリスト



お問い合わせ
PDFダウンロード