アジア航測|空間情報コンサルタント

 
建設コンサルタント(防災)

大規模土砂災害対策(深層崩壊、天然ダムなど)

土砂災害は毎年のように全国各地で発生しており、私たちの暮らしに大きな影響を与えています。平成23年9月の台風12号災害では、奈良県南部で多数の深層崩壊が発生し、天然ダムが形成されました。天然ダムが決壊すると下流に甚大な被害を発生させる危険性があります。アジア航測は、このような天然ダム決壊などの異常災害に対し、天然ダム形成の危険性がある箇所を抽出し、最先端のシミュレーション技術を駆使して天然ダム決壊時の洪水ピーク流量や被害影響範囲を事前分析(プレアナリシス)し、住民避難や応急対策の検討を行い、減災対策の提案を行います。

 

コンテンツリスト



お問い合わせ
PDFダウンロード