アジア航測|空間情報コンサルタント

 
海外事業

デジタル航空写真

航空写真測量用デジタルカメラは21世紀初頭に実用化。当社は2004年に早々と導入し、実績を積みつつ現在3台の稼働体制で展開しています。
デジタル航空測量カメラ(DMC)は1度の撮影でカラー、モノクロ、近赤外の撮影が可能です。フィルムがありませんので、現像・スキャニングなどの後処理が不要で、光量が少ないときでも撮影可能ですので、従来のフィルムカメラよりも、1日のうちの撮影可能な時間帯が増加し、広範囲の地域にわたって撮影を行なうことができます。

コンテンツリスト



お問い合わせ
PDFダウンロード