アジア航測|空間情報コンサルタント

 
海外事業

リモートセンシング

リモートセンシングは、地球観測衛星等のように遠く離れたところから、対象物に直接触れずに対象物の大きさ、形及び性質を観測する技術です。リモートセンシングに用いられる衛星には、近赤外線や熱赤外線、マイクロ波などの反射や放射の情報が取得できる機器が搭載されています。「広域性」、「同時性」、「迅速性」、「周期性」をあわせ持つリモートセンシング技術は、災害発生時の状況を把握する手段として大きな役割を担います。また、自然環境や表層崩壊など広大なエリアを効率的に把握するための手法として利用されています。

コンテンツリスト



お問い合わせ
PDFダウンロード