アジア航測|空間情報コンサルタント

 
海外事業

マルチプラットフォーム

3Dインフラマネジメント

BIM/CIMで活躍するリアル3D都市 モデル


建設分野では、設計、施工管理、メンテナンスの全てのライフサイクルで3Dデータが利用されるようになり、設計品質、作業効率、施工精度、継続的管理費用の軽減効果が表れてきています。

アジア航測は最先端の計測技術を活用した高密度・高精細の3Dリアル都市モデルの提供でBIM/CIM に貢献します。

戻る TOP

道路・上下水道などの公共インフラ は3D管理へ

近年のセンサー技術の進化にともなう3Dモデルの高度化は、様々な施設・設備を多方向から見る・測ることができるようになりました。
3Dモデルの活用は、長らく一般的であった2DCAD図面による管理に比べ、図面間の矛盾を解決し、かつ全体の施工イメージをわかりやすく共有しながら検討を進められるといったメリットがあります。
また原データから多くの計測・調査が可能であり、既に以下の行政業務分野で利用され始めています。

・道路ストック点検(舗装・付属物)
・道路台帳高精度化・道路基盤地図
・特殊車両通行許可
・上水・下水道施設管理
・緊急輸送路沿道建築物調査
・河川・砂防施設管理
・都市計画・まちづくり支援

戻る TOP

位置と視認性を併せ持つ3Dマルチ空間データ

アジア航測は、航空カメラ・車載型全周囲カメラからの3D都市モデルの作成を実施しています。
これらの画像より作成した3D都市モデルに加え、移動計測車両システム(MMS)で取得した点群データを融合することで位置と視認性を相互補完する3Dマルチ空間データとして、多分野へサービス提供しています。

戻る TOP

高性能3Dビューワの提供


3D都市モデルのデータは今までの2Dデータに比べて膨大なデータ量となり、その表現にも高速なデータ処理が必要です。
アジア航測は、大量の3Dデータを高速で表現できるビューワ(LaserMapViewer)を自社開発し、提供しています。
このビューワは、軽快な表示に加え、各種計測機能や他CADソフトで作成した3Dモデルデータのインポート機能も搭載しています。
また10TBを超える大量の3Dデータをクラウド環境で管理し、クライアントPCで閲覧できるサービスも提供します。

戻る TOP



関連リンク

関連ニュース
関連製品
関連表彰
関連論文

検索

◎別のカテゴリーで調べる


 

◎業務や技術で探す

計測 判読・マッピング
     
GIS 調査・計画等
 
 
 
お問い合わせ
PDFダウンロード