アジア航測|空間情報コンサルタント

 
建設コンサルタント(防災)

3Dモデリングサービス

3Dモデリングサービス

重複する写真から3D空間データを自動作成する技術の誕生。


アジア航測の3Dは、最新技術で写真からダイレクトに生成、広域まるごと一気にモデリングします。
早い、リアル、リーズナブル。

戻る TOP

3D写真技術 ~空から地上までマルチ3D空間データを取得する~


手持ちカメラで撮影した建物の例(震災遺構)

アジア航測は、航空機による空中からの撮影やUAV、地上からの手持ちカメラなど、さまざまな手法で撮影された写真から3Dモデルを作成します。
都市モデル作成専用の航空カメラ、オブリークカメラの導入により、効率よく鮮明な都市モデルを作成することが可能です。
もちろん、従来の航空カメラや手持ちカメラで空中から撮影したものや、ユーザ自身が撮影した地上からの手持ちカメラの画像もモデリングできます。

戻る TOP

3Dデータ作成技術  ~現実空間を3Dで複製する 「空間レプリカ」 ~  


技術の特徴① リアル3Dである。

従来、都市モデルを作成する際は、図形に高さを与えて写真を貼り付ける方式が一般的でした。
新手法では、複数写真から自動的に画素の特徴点を抽出し、3Dモデルを作成するマルチビューステレオ方式を採用しています。

現実空間を3Dでリアルに複製する、まさに「空間レプリカ」です。

 

技術の特徴② 高速に作成する。
今まで非常に時間のかかっていた3Dモデルデータ作成の高速化を実現しました。
これにより災害直後の撮影成果や広域の航空写真でも数日で作成することが可能となります。

災害時撮影(2日分比較):各3時間程度

 

戻る TOP

3Dデータ利用ソフト  ~自社開発の高速処理ビューアにより、柔軟な機能拡張に対応する~  

 



LaVFinderのページへ(工事中)

 

LaserMapViewerのページへ

 

LandViewer NXのページへ

 

戻る TOP



関連リンク

関連ニュース
関連製品
関連論文

検索

◎別のカテゴリーで調べる


 

◎業務や技術で探す

計測 判読・マッピング
     
GIS 調査・計画等
 
 
 
お問い合わせ
PDFダウンロード