アジア航測|空間情報コンサルタント

 
HOME事業・製品情報/研究開発 建設コンサルタント(防災)防災情報提供システム > ドコモ環境センサーネットワークを用いた防災対策
建設コンサルタント(防災)

防災情報提供システム

ドコモ環境センサーネットワークを用いた防災対策

NTTドコモ「環境センサーネットワーク」提携による防災・再生可能エネルギー分野での共同事業推進を開始


図1 環境センサーの外観と観測項目
アジア航測とNTTドコモは2011年12月5日付けで防災・環境事業分野での業務提携に合意しました。
NTTドコモの新事業である「環境センサーネットワーク(Environmental Sensor Network : ESN)」が収集する気象観測データと、アジア航測が得意とするGIS技術、防災・環境コンサルティング技術を融合させ、高度化した防災情報の提供と、再生可能エネルギー導入のための発電量予測などの支援事業を共同で推進するものです。
ここでは、特にNTTドコモ環境センサーネットワークを用いた防災分野での取り組みについてご紹介します。

戻る TOP

「環境センサーネットワーク(ESN)」とは


図2 ESN観測局網 (ESNによる気温実測値マップ)

「環境センサー」は、NTTドコモが自社のFOMA基地局などに設置を進めている気象データの観測装置であり、降水量、気温、湿度、風向・風速、紫外線、花粉などのマルチ気象観測が可能です(図1)。これらの観測装置は、気象業務法に準拠した検定に合格しており、設置箇所も気象庁指針に準じています。
蓄積したデータはNTTドコモのデータサーバに伝送され、「環境センサーネットワーク(ESN)」として全国各地のリアルタイムデータを集約しています(図2)。
たとえば雨量計の場合、気象庁のAMeDAS観測局は全国約1,300地点に設置されているのに対し、ESNはこれを上回る約2,300地点に設置されています。E S NはAMeDAS観測局を補間するように配置されているため、両者を併用すれば3,500地点以上となる、高密度の雨量観測データを利用することが可能です。

戻る TOP

防災分野での取り組み


図4 ALANDIS NEOとESN観測データの融合

アジア航測では、これまで国や自治体の防災・土木部局を対象にさまざまな防災ソリューションを提案・提供してまいりました。これらの既存技術にESNのリアルタイム観測データを組み合わせ、地域住民の安全・安心に一層寄与する防災システムを提案します。
ESNは、必要に応じてセンサーの種類を拡張することが可能です(例えば水位計や積雪計、監視カメラなど)。
これらを活用し、空白地帯となりやすい小河川やその流域の雨量・水位などのデータの提供サービスを行い、従来の監視体制を補間する、防災監視体制の強化を提案します(図3)。また、アジア航測の開発商品であるLVSquare、ALANDIS NEOなどのGISと連携し、ESNデータを視覚的に分かりやすく活用することも可能です(図4)。

戻る TOP

 

図3 ESNによる防災監視体制の強化



関連リンク

関連ニュース
関連製品
関連論文

検索

◎別のカテゴリーで調べる


 

◎業務や技術で探す

計測 判読・マッピング
     
GIS 調査・計画等
 
 
 
お問い合わせ
PDFダウンロード