アジア航測|空間情報コンサルタント

 
建設コンサルタント(社会基盤)

社会基盤施設の保全・長寿命化

保全・リニューアル

安全・安心な社会の維持に向けた取り組み


社会資本の膨大なストックの長寿命化に向けた調査・診断・解析、計測モニタリング、保全マネジメントから補修補強設計、耐震設計、長寿命化計画策定まで、保全エンジニアリング全般のコンサルティングを行っています。

(図1)回転式連続打音検査器(NETIS登録NO.QS-080020-A)

(図2)道路施設点検

(図3)公園施設長寿命化計画

戻る TOP

道路施設点検・管理支援

当社技術である回転式連続打音検査器(NETIS登録NO.QS-080020-A)、車載型レーザ計測システム、360°全周映像LiveViewを活用した効率的な道路施設の点検を行っています。また、点検とともに道路管理に必要な台帳の電子化や施設データベース構築を行っています。

戻る TOP

耐震補強、荷重補強計画・設計

東日本大震災では、古い耐震基準のまま補強されていなかった橋梁が被災し、道路が寸断される事態が発生しました。今日においては、耐震補強の必要性がクローズアップされています。
私たちは、これまでの社会基盤施設構築で培った経験と技術を活用して、橋梁の耐震診断、計画・設計を行っています。
また、既設橋梁の載荷試験等による耐荷力調査・診断を実施し、大型車両交通増大に対応した補強計画・設計も行っています。

戻る TOP

橋梁点検、補修計画・設計

社会インフラとして重要な橋梁を健全に維持し更新していくため、点検から補修設計、長寿命化計画の立案まで、当社の空間情報技術を駆使したコンサルティングを行います。

戻る TOP

(図1)橋梁点検支援システムBチェッカー

(図4)橋梁点検支援システムBチェッカー



関連リンク

検索

◎別のカテゴリーで調べる


 

◎業務や技術で探す

計測 判読・マッピング
     
GIS 調査・計画等
 
 
 
お問い合わせ
PDFダウンロード