アジア航測|空間情報コンサルタント

 
HOME事業・製品情報/研究開発 空間情報・GIS・システム開発システム販売 > 携帯情報端末(PDA)とGISを利用した現地調査支援システム
建設コンサルタント(防災)

システム販売

携帯情報端末(PDA)とGISを利用した現地調査支援システム

「誰でも手軽に一定の精度を」 ~現地調査業務の効率化を図ります

携帯情報端末(PDA)とGISを利用した現地調査支援システムは、現地調査業務に不慣れな人でも容易に調査を行うことができ、調査結果を一定の精度に保つことが可能です。

簡易ナビゲーション

調査結果入力画面

戻る TOP

システムの概要


多くの現地調査業務は、大きく屋外調査と事務所内での取りまとめ作業から構成されます。
本システムでは屋外調査にPDA、調査データの管理にGISを利用します。
PDAでは、調査結果入力機能、調査地点の地図表示・目的地までの簡易なナビゲーション機能、PDA内蔵のカメラを用いた現地写真撮影機能を有しています。
GIS は、PDAで調査した調査データの管理、データ検索、調査票の自動出力や印刷、過年度調査データの重ね合わせ機能を有しています。
これら2つのシステムを用いて、現地調査業務をスムーズに行うことが出来ます。

戻る TOP

従来の調査方法の問題点


調査データ管理画面(GIS)

従来の紙の調査地図や調査用紙・デジタルカメラを用いた調査では、下記の問題点がありました。
1 調査箇所は山林など周囲の目印が少ないことも多く、現在位置の確認に時間がかかる
2 撮影した写真や撮影した位置の整理が煩雑
3 調査後、調査結果を改めてパソコンに入力する必要があり、入力ミスなどのおそれがある
4 過去に調査したデータやその他関連する資料を検索する際に多くの労力が必要
5 調査時に持ち運ぶ荷物の量が多くかさばり、紙資料などは途中で破損するおそれがある

戻る TOP

本システム導入による問題点の解決

本システムにより、問題点を解決し、調査業務の効率化が行えます。

1 PDAに調査地図とGISから取得した現在位置が表示されるため、調査箇所の確認が容易
2 PDA内臓のカメラとGPSにより、撮影位置を自動的に連携させた写真撮影が可能
3 現地調査結果を簡単な操作でPDAからGIS にインポート可 さらに調査データはGIS 上で修正することも可能
4 GIS上に調査データが蓄積され、調査結果を地図や条件から検索することが可能
5 PDA1台のみで調査が可能なため、移動時の負担が少なく、資料の破損のおそれもない

戻る TOP

活用分野

固定資産税に関わる家屋調査業務・施設管理業務、森林管理業務、農業政策に関わる耕作放棄地調査業務など、屋外での現地調査を必要とするあらゆる業務にご活用頂けます。

戻る TOP



関連リンク

関連ニュース
関連製品
関連論文

検索

◎別のカテゴリーで調べる


 

◎業務や技術で探す

計測 判読・マッピング
     
GIS 調査・計画等
 
 
 
お問い合わせ
PDFダウンロード