アジア航測|空間情報コンサルタント

 
HOME > ニュース一覧

アジア航測では、地震、台風や集中豪雨による河川氾濫、土砂災害などの自然災害が発生したとき、被害の状況を正確に把握することが防災・応急対策にとって重要と考え、独自の判断により自社撮影を行っています。
また、撮影画像を用いたコンサルタント技術者による判読・解析、被災判読図や赤色立体画像の作成や、合わせて全周囲映像の撮影を行うこともしています。
得られた情報は随時ホームページ上で公開して参ります。弊社技術が、現地の詳細解明ならびに二次災害の抑制に少しでもお役に立てれば幸いです。

2017年

お問い合わせ
 
▲TOP