アジア航測|空間情報コンサルタント

 
HOME > 会社情報

会社情報

2016/11/22

21世紀の基幹インフラ「G空間情報センター」の運用開始

~産官学の様々なG空間情報の流通・ビジネス創出に向けて~

アジア航測株式会社が幹事会員として加盟する一般社団法人 社会基盤情報流通推進協議会(代表理事:関本義秀)は、G空間情報産業の活性化、新たなビジネス・サービスの創出を目的に、産官学を問わず、組織の壁を越えた多様なデータの統合・融合と価値創出を実現させるため、官民等が保有するG空間情報をワンストップで自由に組み合わせて入手できる「G空間情報センター」(センター長:柴崎亮介 URL:https://www.geospatial.jp/)の運用を2016年11月24日より開始することになりました。

開始当初は150程度のデータセットの流通ですが、今後、G空間情報センターを通じて、様々なG空間情報を提供することにより、情報の統合・分析による付加価値の創造、新しい情報の利活用方法・ビジネスの創出を目指します。

 

アジア航測株式会社は、これらの取り組みに積極的に支援し、G空間情報の活用による社会課題の解決に貢献いたします。当社が保有する、赤色立体地図デジタルデータ(10mメッシュ)、リアル3D都市モデル、MMS(Mobile Mapping System)点群データの3種類を、G空間情報センターより提供いたしますので、是非ご活用ください。

 

11月24日 G空間EXPO2016(日本科学未来館)初日午前にて、オープニングイベントを実施します。

 

<G空間情報センターのサービス内容>

G空間情報センターでは、①G空間情報の流通支援、②政府機関・自治体向け「情報信託銀行」サービス、③災害対応情報ハブ、④G空間情報オープンリソースハブ、⑤G空間情報の研究開発を展開します。

 

 

AIGIDニュースリリース

関連リンク


お問い合わせ